映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

大森立嗣の最新作で主演俳優オーディションを実施、10年温めたオリジナル企画

60

「光」や「まほろ」シリーズで知られる映画監督・大森立嗣が、最新作で主演を務める俳優のオーディションを行う。

大森が10年以上にわたり温めてきたオリジナル脚本をもとにする本作。個人のアイデンティティが不確かになった現代社会を舞台に、生まれてから一度も学校に行ったことのない少年の姿を描く。

オーディションを行うのは、主人公の少年を演じる俳優。プロダクションへの所属や演技経験の有無は問わず、年齢は12歳(中学生)から16歳まで。5月31日で応募を締め切る。大森は「映画を作りはじめた頃のように初々しく、清々しく、映画を作りたい! 主人公は少年です。見るものすべてが、新鮮で、恐ろしくて、美しい、そんな少年です。そんな少年と世界を共に見つめられたら、なんて素晴らしいのだろうなと思っています」とコメントしている。

詳細はハーベストフィルムの公式サイトで確認を。最新作のタイトルは未定で、撮影は9月から10月にかけて約1カ月間行われる予定だ。

大森立嗣 コメント

デビューしてから15年、10本の映画を作ることができました(未発表の作品が1本あります)。節目の10本です。長かったような、短かったような、たかが映画、されど映画、そんな気分です。そして次の1本は、映画を作りはじめた頃のように初々しく、清々しく、映画を作りたい! 主人公は少年です。見るものすべてが、新鮮で、恐ろしくて、美しい、そんな少年です。そんな少年と世界を共に見つめられたら、なんて素晴らしいのだろうなと思っています。

映画ナタリーをフォロー