映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

東出昌大演じるアナキストが夢語る、瀬々敬久「菊とギロチン」予告編

241

瀬々敬久の監督作「菊とギロチン」の予告編がYouTubeで公開。あわせて本ビジュアルが到着した。

「菊とギロチン」は大正末期の日本を舞台に、女相撲の力士たちと実在した若きアナキストグループの交流を描く青春群像劇。30年前から本企画を構想していた瀬々が「バンコクナイツ」の相澤虎之助とともに脚本を執筆した。木竜麻生東出昌大寛一郎韓英恵渋川清彦山中崇井浦新らが出演する。

予告編には、木竜演じる花菊が相撲の鍛錬を積む様子を収録。東出扮するアナキストが自身の夢を語るシーンも切り取られた。また興行としての女相撲が中止に追い込まれ、夫に連れて行かれる花菊の姿も。

「菊とギロチン」は7月7日より東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。なおMotionGalleryでは7月6日まで、配給・宣伝費の支援を募るクラウドファンディングが実施される。

(c)2018「菊とギロチン」合同製作舎

映画ナタリーをフォロー