映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「菊とギロチン」木竜麻生が涙、東出昌大&寛一郎は瀬々敬久の無茶振りで四股踏む

163

左から寛一郎、木竜麻生、韓英恵、東出昌大。

左から寛一郎、木竜麻生、韓英恵、東出昌大。

菊とギロチン」の初日舞台挨拶が、本日7月7日に東京・テアトル新宿にて開催され、キャストの木竜麻生東出昌大寛一郎ら、そして監督の瀬々敬久ら計30人が登壇した。

大正末期、関東大震災直後の日本を舞台にした本作は、女相撲の力士たちと若きアナキストたちが出会い、心を通わせていくさまを描く人間ドラマ。

イベントではまず、興行師・岩木玉三郎役の渋川清彦や女力士役の木竜、韓英恵嘉門洋子ら、女相撲・玉岩興行メンバーのキャストが太鼓を鳴らして客席を練り歩く。そしてギロチン社リーダー・中濱鐵役の東出、中濱の盟友・古田大次郎役の寛一郎、花菊の夫・定生役の篠原篤、歩方・坂田勘太郎役の川瀬陽太、警視庁警務部長・正力松太郎役の大森立嗣らがステージに上がり、マイクリレー形式で挨拶。途中、渋川に呼ばれた東出と寛一郎が、客席に降りてオリジナルグッズを配る一幕もあった。

そして同劇場史上、最多登壇者数となる30人がステージに集合。女力士キャストたちの力の込もった挨拶を聞き、女力士・花菊ともよ役の木竜は「こうやって、皆さんに映画が広がっていくのが本当にうれしいです。(この映画では)ここにいるみんなの、カッコいい姿もカッコ悪い姿も、全部お見せできたんじゃないかと思います」と声を震わせる。周りからの「泣くなー!」という声に、木竜は「はい!」と返事してぐっと涙をこらえた。

東出は「クラウドファンディングに参加してくださった方や、こうして劇場に足を運んでくださる方がいるからこそできあがった作品です。閉塞感をぶち破る映画になったと思います」と本作をアピール。寛一郎は、約2年前に実施した撮影を振り返りつつ「今日久々に会う人もたくさんいて、懐かしい現場を思い出しました。こうやってお客さんを目の前にして、今日公開されることを今実感しました」と初日を迎えた喜びを噛みしめた。

女力士・十勝川たまえ役の韓は、現場を回想して「花菊に“かわいがり“をするシーンでは、監督が後ろから『駄目なんだよー!!』と怒鳴っていました」と瀬々から厳しく指導されたことを明かしつつ、「女力士のみんなとは、いつ監督にかわいがりをしてやろうか、たくらんでいました(笑)。そこまで本気になれることは少ないので、いい現場だったと思います」と笑いを誘う。そして渋川は「とりあえず、テアトル新宿の動員(記録)を作ろう!」と何度も呼びかけて会場を盛り上げた。

後半には、劇中で女力士たちが歌う「イッチャナ節」を生披露。歌の終わりには「『菊とギロチン』のビジュアル担当です!」と自己紹介していた大関・梅の里つね役の前原麻希が、ステージ中央で四股を踏む。すると瀬々が「寛一郎、行けー!」「東出くん、行けー!」と叫び、2人に即興で四股を踏ませる。しかし最後に、キャストたちから「監督ー!」と言ってステージ中央に引っ張り出された瀬々。四股を踏むと思いきやわざと大きく転んでみせ、「おあとがよろしいようで」とオチをつけた。

(c)2018「菊とギロチン」合同製作舎

映画ナタリーをフォロー