映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リズと青い鳥」山田尚子が原作者とトーク「表に出せない感情に焦点を」

61

「リズと青い鳥」トークイベントの様子。左から山田尚子、武田綾乃。

「リズと青い鳥」トークイベントの様子。左から山田尚子、武田綾乃。

劇場アニメ「リズと青い鳥」のトークイベントが本日4月11日に東京・スペースFS汐留で行われ、監督を務めた山田尚子と原作者の武田綾乃が登壇した。

京都アニメーション制作の本作は、アニメ「響け!ユーフォニアム」シリーズに登場する鎧塚みぞれと傘木希美を中心とした物語。武田の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を原作に、高校の吹奏楽部に所属する2人のはかなくも美しい青春を描き出す。

山田は、本作で“のぞみぞれ”のコンビにフィーチャーしたきっかけを明かす。「武田先生の書いた原作小説のプロットを読んだときに、女の子の秘密をのぞき見したような気分になって。口には出すことがなさそうな、好きという気持ちや羨望、嫉妬のような感情を包み隠さず、きれいごとにせずに書いているのが珍しいなと思いました」と述懐。これを受け、武田は「希美とみぞれの関係性にもう一度向き合ったときに、互いに“好き”という感情を抱いているけど内包されているものは別だと感じた。同じ“好き”でも異なる感情の差が伝わればいいなと思いながら書きました」と打ち明ける。

牛尾憲輔が担当する本作の劇伴。楽曲はモデルとなった学校を牛尾が訪ね、備品を叩いたりなでたりした音をサンプリングして作られたものだという。山田は「これも2人の少女の秘密を邪魔せず、周辺の視点から2人を見ようという意図から。5.1chサラウンドの環境で、みぞれたちを囲む音を体験してほしいです」とファンに語りかけた。

続いてみぞれと希美の関係性および2人が抱く感情に話が及ぶ。コンテを描き終え胸が詰まる思いをしながらも、2人の感情を言語化できなかったという山田。これに対し武田は「割れる直前のシャボン玉を写真で撮ったみたいな印象」と語り、「いつ消えるかわからないシャボン玉。その一瞬を(写真で)切り取ることで永遠になるというか」「青春の欠片を、きれいに1枚1枚撮って大事にしたいと思っている作品なのかな」と表現した。

最後に武田は「『響け!』シリーズから美しいエッセンスを抽出してくれた作品です。観たあとの余韻というか空気感を共有したくなる作品だと思うので、友人たちと一緒に映画館に足を運んで共有してください」とコメント。山田は「女の子たちの思春期の心の揺れ、皆さんの中にもある、あまり表に出せない感情に焦点を当てた作品です」と説明し、イベントの幕を閉じた。

「リズと青い鳥」は4月21日より全国でロードショー。

(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー