映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リズと青い鳥」に本田望結が1人2役で出演、主題歌はHomecomings

215

「リズと青い鳥」公開アフレコの様子。リズ役と少女役を務めた本田望結。

「リズと青い鳥」公開アフレコの様子。リズ役と少女役を務めた本田望結。

劇場アニメ「リズと青い鳥」に本田望結が出演することが決定。あわせて主題歌をHomecomingsが手がけていることがわかった。

山田尚子が監督を務め、京都アニメーションが制作する本作は、アニメ「響け!ユーフォニアム」シリーズに登場する鎧塚みぞれと傘木希美を中心とした物語。みぞれ役の種崎敦美、希美役の東山奈央のほか、藤村鼓乃美、山岡ゆり、黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、桑島法子、中村悠一、櫻井孝宏らが続投する。

本田が声を当てたのは、劇中の童話「リズと青い鳥」に登場する“リズ”と“少女”の2役。本田は「1人2役ということで初めは不安だったりしたのですが、アフレコが楽しくて本当にあっという間に終わってしまいました」と収録を振り返った。

また、主題歌「Songbirds」を提供したHomecomingsは、「2人の少女を支えるように、または後ろからそっと背中を押すようなあたたかい曲になったのではないかと思います」とコメントを寄せている。

「リズと青い鳥」は4月21日より全国でロードショー。

本田望結 コメント

1人2役ということで初めは不安だったりしたのですが、アフレコが楽しくて本当にあっという間に終わってしまいました。まだ完成した作品を観ていないのでわからないところもあるのですが、(ほかのキャラクターを演じた)皆さんとご一緒するシーンがなかったので、皆さんのシーンも楽しみですし、ちゃんとリズのシーンと違いがつけられているか、すごく楽しみです。本当に感動する作品になっていると思うので、観たあとにまた明日からがんばろうとか、皆様がほっとするような作品になっていると思います。

Homecomings コメント

「リズと青い鳥」という作品に触れて「Songbirds」という曲が生まれ、私たちHomecomingsにとってもすごく大切な曲となりました。離れたり近づいたりする二つの線、「歌にしておけば忘れないでおけるだろうか」という密やかでささやかな願い、歌詞のあちこちに潜んでいる穏やかでいて少し寂しげな、だけどきらりと光る何か。2人の少女を支えるように、または後ろからそっと背中を押すようなあたたかい曲になったのではないかと思います。ぜひ劇場で感じてください。

(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

映画ナタリーをフォロー