映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リメンバー・ミー」日本語吹替版の歌唱シーン公開、藤木直人と石橋陽彩がハモる

257

「リメンバー・ミー」

「リメンバー・ミー」

本日3月16日に封切られた「リメンバー・ミー」の日本語吹替版より、歌唱シーンを含む特別映像がYouTubeにて公開された。

第90回アカデミー賞で長編アニメーション賞と歌曲賞を受賞した本作は、1年に1度だけ亡くなった家族に会えるというメキシコの祝祭“死者の日”を題材にしたミステリーアドベンチャー。映像には、日本語吹替版で主人公・ミゲル役を務めた石橋陽彩と、ミゲルが“死者の国”で出会うガイコツ・ヘクター役の藤木直人が、劇中の楽曲「ウン・ポコ・ロコ」を音楽コンテストで披露するシーンが収められている。

「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチとともに監督を務めたエイドリアン・モリーナは、同曲の歌詞も担当。「このシーンではミゲルとへクターはお互いに少し不信感を抱いているんだ。2人は相手にイライラしているんだけど、一緒に何かをしたら楽しい科学反応が起こることもある。そういうことを歌にしたんだ」とモリーナは語る。また、アンクリッチはミゲルとへクターの関係について「ヘクターはミゲルが持てなかった兄みたいな存在。彼らのやりとりを描くことはとても楽しくて魅力的だったよ」と振り返った。

日本語吹替版には松雪泰子、橋本さとし、横山だいすけ、渡辺直美らも参加した「リメンバー・ミー」は、全国で公開中。

(c)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー