夏への扉 —キミのいる未来へ—

夏への扉 —キミのいる未来へ—

ナツヘノトビラキミノイルミライヘ

2021年6月25日(金)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2021年(日本) / 配給:東宝=アニプレックス

(C)2021 「夏への扉」製作委員会

解説 1956年にアメリカで発表され、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのタイムトラベル映画に影響を与えた、ロバート・A・ハインラインの小説『夏への扉』を山崎賢人主演で映画化。罠にはめられた科学者が未来を変えようとする姿を描く。共演に清原果耶、夏菜、藤木直人ら。『きみの瞳(め)が問いかけている』の三木孝浩が監督を務めた。

ストーリー 1995年の東京。高倉宗一郎は、松下璃子と愛猫のピートに囲まれながら、科学者として研究する日々を送っていた。しかし、罠にはめられた宗一郎は、強制的に冷凍睡眠させられてしまう。その後目覚めたのは、30年の時が経過した2025年の東京だった。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全25件)