映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「坂道のアポロン」知念侑李がヒロイン顔に?中川大志、共演シーンの裏側明かす

1142

「坂道のアポロン」公開直前イベントの様子。

「坂道のアポロン」公開直前イベントの様子。

坂道のアポロン」の公開直前イベントが本日3月7日に東京・スペースFS汐留で開催され、キャストの知念侑李Hey! Say! JUMP)、中川大志小松菜奈ディーン・フジオカ、監督の三木孝浩が登壇した。

小玉ユキのマンガを実写映画化した本作は、知念演じる都会から長崎・佐世保に引っ越してきた高校生・薫が、クラスメイトとの出会いを通してジャズの魅力に目覚めていくさまを描く青春音楽ラブストーリー。中川は不良だが心優しい千太郎、小松は千太郎の幼なじみの律子、フジオカは千太郎が慕う淳一を演じた。

イベントには、ゲストとしてジャズシンガーの綾戸智恵が登場。綾戸から「(劇中では)誰かと誰かが喧嘩をしたり泣いたり。よう泣いたな、あんたなあ……」と声をかけられた知念は、「泣きました!」とはにかむ。そして綾戸が「ラブシーンやね。ええ感じやった!」と知念と中川の共演シーンに言及した際には、小松は「2人がすごく美しくて。ピアノの場面ではキスするんじゃないかと思いました……」とうなずき、中川は「本当にしそうでした」と照れ笑いを浮かべた。また、三木は「独り立ちというのは1人で立つことではなく、(自分が)1人じゃないと気付くこと。(本作を鑑賞後の)綾戸さんからの言葉で、自分はこの映画でこれを描きたかったんだと気付かされました」と明かす。

続いて、知念が「(布を)ファッサーってやってた」と薫と千太郎が出会うシーンに触れると、中川は「知念さん、あのときはヒロインの顔でしたもんね」と返して笑いを誘う。演奏シーンの話題になり「2人のプレイにはびっくりしました! 参りました」と話す綾戸へフジオカが「僕も一応トランペットを吹いていたんですけど……」とささやかにアピールする場面も。綾戸に「私のバンドで叩いてみる?」と勧誘を受けた中川は「うれしいです! ジャズを愛している方にお声をかけていただけるとは」と恐縮した様子で答え、「2人でセッションしている間は幸せだったもんね」という知念の言葉に弾けんばかりの笑顔で同意した。

最後に知念が「皆さんと一緒に、『坂道のアポロン』をもっともっと盛り上げていけたらと思います」と観客に語りかけてイベントを締めくくった。

「坂道のアポロン」は3月10日より全国ロードショー。

※記事初出時、人名が一部旧芸名になっていました。お詫びして訂正します。

(c)2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

映画ナタリーをフォロー