映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

第68回ベルリン映画祭、金熊賞はルーマニアの監督による「Touch Me Not」

86

第68回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した「Touch Me Not(原題)」の監督アディナ・ピンティリエ。

第68回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した「Touch Me Not(原題)」の監督アディナ・ピンティリエ。

第68回ベルリン国際映画祭の授賞式が、ドイツ現地時間2月24日に行われた。

コンペティション部門の最高賞にあたる金熊賞は、ルーマニアのアディナ・ピンティリエが監督と脚本を担当した「Touch Me Not(原題)」が受賞。銀熊賞の審査員グランプリは「君はひとりじゃない」で知られるポーランド人監督マウゴジャタ・シュモフスカの「Mug(英題)」に与えられ、日本を舞台にした「犬ヶ島」のウェス・アンダーソンが監督賞に選ばれた。

またパラグアイ出身のマルチェロ・マルティネッシ監督作「The Heiresses(英題)」が同じく銀熊賞のアルフレッド・バウアー賞に輝いたほか、同作主演のアナ・ブルンが最優秀女優賞を獲得。最優秀男優賞は「The Prayer(英題)」のアンソニー・バジョンに授与された。主な受賞結果は以下の通り。

なお日本から出品された「リバーズ・エッジ」はパノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞した。行定勲が監督を務め、二階堂ふみ吉沢亮が共演している同作は全国で上映中だ。

第68回ベルリン国際映画祭 主要部門受賞結果一覧

金熊賞

「Touch Me Not(原題)」

銀熊賞 審査員グランプリ

「Mug(英題)」

銀熊賞 監督賞

ウェス・アンダーソン「犬ヶ島」

銀熊賞 アルフレッド・バウアー賞

「The Heiresses(英題)」

銀熊賞 最優秀女優賞

アナ・ブルン「The Heiresses(英題)」

銀熊賞 最優秀男優賞

アンソニー・バジョン「The Prayer(英題)」

銀熊賞 脚本賞

マヌエル・アルカラ、アロンソ・ルイス・パラシオス「Museum(英題)」

銀熊賞 芸術貢献賞

エレナ・オコプナヤ「Dovlatov(原題)」

映画ナタリーをフォロー