映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

二階堂ふみ×吉沢亮×行定勲「リバーズ・エッジ」がベルリンで国際批評家連盟賞を受賞

654

第68回ベルリン国際映画祭レッドカーペットイベントの様子。左から吉沢亮、二階堂ふみ、行定勲。

第68回ベルリン国際映画祭レッドカーペットイベントの様子。左から吉沢亮、二階堂ふみ、行定勲。

行定勲の監督作「リバーズ・エッジ」が第68回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。ドイツ現地時間2月23日18時より授賞式が行われた。

国際批評家連盟賞は、コンペ、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られる賞で、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。日本映画がパノラマ部門で同賞を受賞するのは、2010年の行定勲の「パレード」以来、8年ぶりとなる。2度目の受賞となった行定は「まさかの受賞を心から嬉しく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とその凄さが世界に認められたことを誇りに思います」と感激の様子。

キャストの二階堂ふみ吉沢亮からもコメントが到着した。二階堂は「夢のようです! 行定監督、スタッフの方々、そして岡崎先生、小沢健二さま。本当に本当にダンケシェンです!」、吉沢は「とても光栄です。僕にとって山田という役はとても挑戦的で、この作品で学べたことはこれからの役者人生において、とても大きな力になる気がしています。リバーズ・エッジがこんなに素敵な賞を頂けたこと、リバーズ・エッジに出会えたことを誇りに思います」とそれぞれ喜びを語っている。

岡崎京子のマンガを原作とする「リバーズ・エッジ」は、1990年代の都市に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感を描く青春群像劇。現在全国にて公開されている。

二階堂ふみ コメント

夢のようです! 行定監督、スタッフの方々、そして岡崎先生、小沢健二さま。
本当に本当にダンケシェンです!

吉沢亮 コメント

とても光栄です。僕にとって山田という役はとても挑戦的で、この作品で学べたことはこれからの役者人生において、とても大きな力になる気がしています。
リバーズ・エッジがこんなに素敵な賞を頂けたこと、リバーズ・エッジに出会えたことを誇りに思います。
みんな見てね!

(c)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

映画ナタリーをフォロー