映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東京藝大映画専攻の修了展が開催、黒沢清や諏訪敦彦のトークショーも

190

「向こうの家」ビジュアル

「向こうの家」ビジュアル

「東京藝術大学映像研究科映画専攻12期生修了制作展」が、3月3日から9日にかけて東京・ユーロスペースにて開催される。

これは、濱口竜介や真利子哲也、瀬田なつき、月川翔らを輩出してきた東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の修了作品を上映する企画。父親が不倫相手と別れるのを手伝うことになる男子高校生を「ソロモンの偽証」の望月歩が演じた「向こうの家」をはじめ、記憶をモチーフにした「森のかたみ」、結婚への思いによってすれ違っていく男女を切り取った「小さな声で囁いて」、4人の男女の関係を描いた「からっぽの横」が上映される。

期間中は東京藝術大学映像研究科映画専攻で教鞭を執る黒沢清諏訪敦彦、上映作品のキャストらを招いてのトークショーを実施。スケジュールなどの詳細は、劇場公式サイトで確認を。

東京藝術大学映像研究科映画専攻12期生修了制作展

2018年3月3日(土)~9日(金)東京都 ユーロスペース
連日21:00開映
入場料:前売り券 700円 / 当日券 900円 / フリーパス券 1500円
<上映作品>
「向こうの家」
「森のかたみ」
「小さな声で囁いて」
「からっぽの横」

映画ナタリーをフォロー