映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

性犯罪被害者の半生を主観ショットでつづる「私は絶対許さない」予告公開

271

「私は絶対許さない」撮影現場での平塚千瑛(左)、高間賢治(右)。

「私は絶対許さない」撮影現場での平塚千瑛(左)、高間賢治(右)。

性犯罪被害者のトラウマを描き、インドの第5回ノイダ国際映画祭で審査員特別賞を獲得した「私は絶対許さない」の予告編がYouTubeにて公開され、主観撮影の様子を捉えたメイキング写真も到着した。

雪村葉子の手記「私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由」をもとに、精神科医でもある和田秀樹が実写映画化した本作。NHK大河ドラマ「西郷どん」の西川可奈子が学生時代の葉子役、グラビアでも活躍する平塚千瑛が整形後の葉子役でダブル主演を務めた。そのほかに、隆大介佐野史郎美保純友川カズキ白川和子川瀬陽太三上寛東てる美らもキャストに名を連ねている。

予告編は、男たちにレイプされた葉子が全身傷だらけで雪の中を歩くシーンからスタート。その後、葉子の主観映像を中心に、家族や学校の生徒にも冷たく突き放され心身ともに傷ついた姿や、東京へ出て風俗嬢として働く様子などが切り取られていく。

葉子の客・雪村役の佐野は「古代からの、被害者の、弱者の叫びが作品の向こうから聞こえてくるようであった。そして、そのことが、登場するすべての女性たちに救いを与えていた」とコメントを寄せた。また、撮影監督の高間賢治は「僕は右手でカメラを持ち、左手を彼女の背中に当て、一心同体となって動きました。手や足がチラッとしか映らない場合でも、彼女たちの真剣さは変わりません。それが絶対、カメラに乗り移っていると思います」と語っている。

「私は絶対許さない」は、4月7日より東京・テアトル新宿、4月14日より名古屋・シネマスコーレ、4月下旬より大阪・第七藝術劇場ほか全国にて順次ロードショー。

※「私は絶対許さない」はR18+指定作品

佐野史郎 コメント

精神科医である映画監督和田秀樹さんは、いったいどのように原作者、雪村葉子さんの過酷な実体験を読み解くのだろう?という、診察室に招かれるような気持ちで作品に臨んだ。と同時に、シナリオが若松孝二監督作品「キャタピラー」の脚本、黒沢久子さんゆえ、若松監督であればこの世界を現在どのような姿勢で世に問うのだろう?とも想像した。
主人公の主観で描かれる世界は「何が起きていたか」という事実と、「どう見えていたか」という記憶の再構成による物語が錯綜しているかのようだ。
事実がどうであり、交遊した人物、家族が実際にどのようであったかはわからなくとも、観たいもの、観たくはなかったものが強い意志を持って再構成される。
葉子の夫を演じるにあたっては、「事実とは異なるかもしれない主人公の主観」を極端に意識した。実際に和田監督が好む美食やワインの数々の応酬は、事実を超えてさらなる容赦ない事実を突きつける。それはすべてのシーンにおいて、共通している眼差しであったかもしれない。

強い覚悟を持って身体を張って主演を務めた平塚千瑛さん、西川可奈子さんを始め、愛人として葉子の目に映し出される隆大介さん、家族の友川カズキさん、美保純さん、白川和子さんのリアリティに圧倒された。
「東北」がキーワードである今作。
三上寛さんのさりげなくも腹の底に響くような存在により、主観という「観る」行為を「観られる」側に転倒させた表現も心に残る。
古代からの、被害者の、弱者の叫びが作品の向こうから聞こえてくるようであった。
そして、そのことが、登場するすべての女性たちに救いを与えていた。

高間賢治 コメント

この映画は監督の強い希望で、ほとんど全篇POVとして撮影されています。
映画の映像というものは、ほとんどの場合、俳優の表情をとらえるものなんですが、今回は俳優の「見た目」ですから、カメラの動きで表現しなければなりません。俳優はカメラのすぐ後ろに密着しています。僕は右手でカメラを持ち、左手を彼女の背中に当て、一心同体となって動きました。手や足がチラッとしか映らない場合でも、彼女たちの真剣さは変わりません。それが絶対、カメラに乗り移っていると思います。
機材としては奥行き(前後の長さ)の短いカメラが必要だったため、CANON EOS M3というミラーレスの一眼レフカメラを購入して使いました。ステディカムは大き過ぎて使えないので、モノポッド(自撮り棒)などを工夫して使い、手持ち撮影の安定を図りました。
大変だったのは鏡に映る自分の顔を見るシーンです。これはカメラを女優さんの顔の横に置いて鏡に映らないようにしました。大きな窓に全身を映してみるシーンはカメラが隠れる場所が無いので女優さんのコートにiPhone7を隠し、レンズだけ出るようにして撮影し、バレた部分はCGで消してもらいました。

(c)「私は絶対許さない」製作委員会

映画ナタリーをフォロー