映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ボス・ベイビー」ムロツヨシのハマり具合に山寺宏一が太鼓判「舞台版できる」

192

「ボス・ベイビー」日本語吹替版完成報告会にて、左から石田明、乙葉、ムロツヨシ、芳根京子、山寺宏一。

「ボス・ベイビー」日本語吹替版完成報告会にて、左から石田明、乙葉、ムロツヨシ、芳根京子、山寺宏一。

ボス・ベイビー」の日本語吹替版完成報告会が、本日2月7日に東京のザ・ペニンシュラ東京で行われ、ボス・ベイビー役のムロツヨシ、ティム役の芳根京子、フランシス・フランシス役の山寺宏一らが出席した。

本作は、見た目は赤ん坊だが知能は大人の“ボス・ベイビー”と、彼の兄となった7歳の少年ティムの姿を描いたコメディアニメ。“ボス”に声を当てたムロは自分だけ特別に立派な椅子を用意され、わざと深く腰掛けて周りから「偉そう!」とツッコまれつつ、「これは1人の男の子がお兄ちゃんになるまでの物語。そして1人の赤ちゃんが仕事や地位や名誉じゃなく家族を選ぶ物語です」と作品に込められたメッセージをアピールする。

声優に初挑戦したムロと芳根は、「怖くて感想を聞けません」と言って山寺のほうに視線を向けられない様子。山寺は「言っちゃっていいんですか? ……素晴らしかったです!」と大絶賛で、「ムロさんは今、日本一面白い俳優。うまい人は何やっても面白い。悔しいくらい」と次々と称賛の言葉を繰り出す。「舞台版『ボス・ベイビー』だったらちょっとメイクすればそのままできそう。ちゃんと自分のものになさっている」と手放しで褒めたたえる。

続いて山寺は「僕、今『海月姫』にハマっていて(笑)」と芳根が出演中のドラマを挙げつつ、「女性が男性の役をやるってそんなに簡単なことじゃない。これからどんどん(声優業を)やられるんじゃないかな。声優たちがビビってると思いますよ」と期待の言葉をかけ、芳根を「初めてだから何が正解かわからない中やっていたので……うれしいです!」と安心させた。

ムロは山寺が吹き込んだセリフについて「もうね、吹替じゃないの! 山寺さんの声は、その人なの! 僕らはまだ吹き替えてる。でも山寺さんは吹き替えていない!」と演技のすさまじさを登壇者たちに伝える。さらに「(セリフは)秒数も文字数も決まってるんですよ。私は足すから怒られるんです。『もう(キャラクターの)口、動いてないですよ!』って」とぼやくムロに、山寺は「それってベテランの域ですよ! 僕はそこまで行ってないですもん。ムロさんには自由にやらせてあげればいいのに!」と壇上からスタッフに向けて訴えた。

また本日の報告会にて、ティムの両親の日本語吹替を乙葉石田明NON STYLE)が担当していることが明らかに。プライベートでも母親・父親である2人。子守唄を歌うシーンに関しては、石田が「難しいんですよ!」と述懐。「正直に言います。後日、録り直しがありました」と打ち明けるも、山寺からは「オリジナルかと思うくらいだった!」と声がかかる。また乙葉が「夫婦でよく子守唄を歌っていたので懐かしくて。家でも練習に付き合ってもらいました」と明かすと、ムロや山寺に「超いい家族じゃないですか!」「そっちのバージョンが聴きたかったな」と口々に言われ、石田は「おいおい!」と嘆いていた。

「ボス・ベイビー」は3月21日より全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー