お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ノンスタ石田「ボス・ベイビー」日本語吹替でパパ役、リアルな必死感出せた

328

「ボス・ベイビー」日本語吹替版完成報告会に出席した、NON STYLE石田。

「ボス・ベイビー」日本語吹替版完成報告会に出席した、NON STYLE石田。

アニメ映画「ボス・ベイビー」の日本語吹替版で、NON STYLE石田が声優を務める。この吹替版の完成報告会が本日2月7日に都内にて行われ、石田が出席した。

「ボス・ベイビー」は、見た目は赤ん坊だが知能は大人の“ボス・ベイビー”と、彼の兄となった7歳の少年ティムの姿が描かれた作品。ボス・ベイビー役をムロツヨシ、ティム役を芳根京子、ティムのママ役を乙葉、フランシス・フランシス役を山寺宏一が演じ、本日のイベントにも登壇した。石田が演じるのはティムのパパ役だ。

実生活でも双子の娘を持つ石田は、普段の子育てから演技に役立ったことを尋ねられると「『おむつ!』って叫ぶときの必死感だけはリアルなやつので、ちゃんと出せたと思います。うちの子は快便でねえ」と報告し、「ぜひ石田の子供は快便だと記事にしていただきたい」と取材陣にリクエスト。子守唄を歌うシーンに関して「歌、ムズいんですよ! 正直に言います。後日、録り直しがありました」と打ち明けると、山寺から「オリジナルかと思うくらいだった」とその歌声を褒められた。

また「頭の中身が今のまま赤ちゃんになったら何がしたい?」との質問に、石田は「いないいないばあと高い高いについて論文が描きたい。実際にやられたときに、どういう感情になるのかと。高い高いは一番最初のフリーフォールみたいなものですから(笑)」と答える。続けて芳根がこの質問に対して「一歩も歩きたくないです。ベッドから運ばれてベッドに帰ってくる生活がしたい」と話した際、石田は「足骨折するとできるよ!」と実体験を元にアドバイスして会場の笑いを誘った。

「ボス・ベイビー」は3月21日(水・祝)に全国公開される。

お笑いナタリーをフォロー