映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「不能犯」松坂桃李と沢尻エリカが大阪で舞台挨拶、行きたいのはふぐ屋とUSJ

709

「不能犯」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から沢尻エリカ、松坂桃李、白石晃士。

「不能犯」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から沢尻エリカ、松坂桃李、白石晃士。

本日2月3日、映画「不能犯」の舞台挨拶が大阪・TOHOシネマズ 梅田にて行われ、キャストの松坂桃李沢尻エリカ、監督の白石晃士が登壇した。

大声援の中、豆まきをしながら客席から登場した登壇者たち。松坂は「ようやく公開できたというのが素直な気持ちでしょうか。うれしいですね。撮影期間より宣伝期間のほうが長くて、いろんな芸人さんたちにお世話になってありがたかったです。すごく好きなシソンヌさんとお会いすることもできました」と笑顔で語る。

沢尻はオファーを受けたときの気持ちを「台本を読ませていただいたとき、すごくその世界観の中に入っていけて。アクションがある役どころだったので、絶対やりたいと思って受けました」と述懐。そして「現場では殺陣師さんという指導される方がいるんですけど、実際にやってみると自分が思っていた以上に体が動かなかったりして、何度も何度も研究しながらやっていました」と苦労を明かす。

白石はそんな沢尻について「現場でかわいらしい姿を見たので、次は素の魅力がそのままキャラクターに反映されているような役で出ていただきたいなと思っています」と語り、「終盤に走るシーンがたくさんあるんですけど、その撮影の最初のほうで足を痛められて。そのあとは痛みを相当抱えながらやっていただいたので、大変だったと思います」と続けた。

大阪の印象を司会者に聞かれた松坂は「芸人さんの兵頭(大樹)さんに連れて行ってもらったふぐ屋さんにはもう一度行きたいですね。ふぐを食べながらお酒を飲んで兵頭さんの“すべらない話”を聞くという、すごくぜいたくな時間を過ごしました。ぜひもう一度兵頭さんと行きたいです」と振り返る。沢尻は「大阪はすごくひさしぶりに来たんですけど、USJに行きたいです。だいぶ昔に1回しか行っていないんでまた行きたいです」とコメントした。

最後に松坂は「大阪の皆さんならではの独自な感想をSNSに上げていただけると。大阪の方ははっきりとしているイメージがあるので、忌憚なきご意見、感想などをいただけるとうれしいです」とメッセージを伝え、イベントの幕を閉じた。

「不能犯」は、宮月新が原作を担当する神崎裕也の同名マンガをもとにしたサイコサスペンス。呪いや洗脳など、実証が困難な手口で殺しを請け負う“不能犯”こと宇相吹正(うそぶきただし)の犯罪が描かれる。なお、dTVオリジナルドラマ「不能犯」が現在配信中だ。

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

映画ナタリーをフォロー