映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

腹黒いのは誰?松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑ら「不能犯」キャストの内面明らかに

418

「不能犯」初日舞台挨拶の様子。左から真野恵里菜、間宮祥太朗、沢尻エリカ、松坂桃李、新田真剣佑、芦名星、白石晃士。

「不能犯」初日舞台挨拶の様子。左から真野恵里菜、間宮祥太朗、沢尻エリカ、松坂桃李、新田真剣佑、芦名星、白石晃士。

本日2月1日、映画「不能犯」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、キャストの松坂桃李沢尻エリカ新田真剣佑間宮祥太朗真野恵里菜芦名星、監督の白石晃士が出席した。

最初にマイクを握った松坂は「雪が降る前にみんなで帰りましょう! 東京は交通機関が麻痺しちゃうので」とファンや報道陣に呼びかけて笑いを誘い、「撮影が終わってからのほうが、時間が長く感じました。(最近の仕事は)芝居1割、バラエティ9割(笑)。芸人さんともコミュニケーションが取れるようになりました」とプロモーション活動を振り返る。白石は「仲良く親子で観られる人殺し映画。“人殺し”を楽しんでいただきありがとうございます!」と本作をアピールした。

イベントの中盤には、登壇者たちへ心理テストが出題された。このテストは、好きな食べ物の苦味や酸味が強いほど“腹黒度数”が高いと診断されるもので、“もずく酢”を選んだ真野は、テストの詳細を知っているファンからの「ヤバい!」という声に「何!? 手が震えてきた!」とおびえる。“鮨”と書かれたフリップを掲げた間宮は「食べているときに一番幸せだなと思うので」と理由を述べ、新田は「なんでも好きですよ!」と言いながらも「魚」を選択。芦名は「私はステーキ!」と笑顔で答えた。

同じ質問に、沢尻は「こってりしたチーズが大好き」と、松坂は「僕はマグロの赤身です。刺身も握りもテンションが上がりますね」と回答。そして診断内容が登壇者たちに知らされると、もっとも酸味が強いもずく酢を挙げた真野は、驚きの声を上げながらその場にしゃがみ込む。たこ焼きを選んだ白石は、間宮から「たこ焼きは(判断が)難しい!」と、新田からは「お酢をつけて食べるんですよね?」と声をかけられていた。

最後に松坂が「ようやく作品を届けることができたのは、何よりもの喜びです。この作品を皆さんに育てていってほしいです。足を滑らせないように帰ってください」と観客を気遣いながら思いを伝え、舞台挨拶を締めくくった。

「不能犯」は、宮月新が原作を担当する神崎裕也の同名マンガをもとにしたサイコサスペンス。呪いや洗脳など、実証が困難な手口で殺しを請け負う“不能犯”こと宇相吹正(うそぶきただし)の犯罪が描かれる。なお、dTVオリジナルドラマ「不能犯」が現在配信中だ。

関連する特集記事

dTVオリジナルドラマ「不能犯」 永尾まりや×内藤瑛亮PR

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV

映画ナタリーをフォロー