映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「不能犯」松坂桃李&沢尻エリカ、DaiGoとの心理戦にハラハラ

275

映画「不能犯」イベントの様子。左からDaiGo、松坂桃李、沢尻エリカ。

映画「不能犯」イベントの様子。左からDaiGo、松坂桃李、沢尻エリカ。

本日1月23日、映画「不能犯」のイベントが、スペースFS汐留で行われ、松坂桃李沢尻エリカが登壇した。

本作は、宮月新が原作を担当する神崎裕也の同名マンガをもとにしたサイコサスペンス。呪いや洗脳など、実証が困難な手口で殺しを請け負う“不能犯”こと宇相吹正(うそぶきただし)の犯罪が描かれる。

最初にマイクを握った松坂は「背筋がゾクッとするような作品です。(公開日の)2月のこの時期に、どういうふうに受け入れられるんだろう」と緊張の面持ちで挨拶し、沢尻はその言葉に大きくうなずきながら「試写で観たときは、うわっ、怖い! グロい!と思って。私はそういうのが大好きなんです」と続ける。松坂が“ホラーは基本NG”であることが明かされた際には、沢尻が「今回(の撮影)だって廃墟に行ったじゃん! 実は、現場に霊が出るという話があって」と述べ、それを受けて松坂が「だからあのとき、ちょっと嫌な感じしたのかな……」と苦笑する場面も見られた。

イベント中盤にはメンタリストのDaiGoが登場し、宇相吹のキャラクターにちなんだ企画が行われた。これは、DaiGoが8色のペンのうちキャスト2人が選んだ色を当てるもので、まず松坂は、事前にDaiGoからオススメされた緑色を選択。DaiGoが「松坂さんは集中力が高くて真面目、負けず嫌いなタイプ。そういう人に挑発をかけると、必ず乗ってくるんです」と言いながら見事正解すると、松坂は目を丸くしつつ「目に優しい色が好きなんです」と同色をチョイスした理由を述べる。

続いて沢尻は「気分もすぐ顔に出ちゃう。わかるでしょ?(笑)」と笑いを誘ったあとに、同じく緑色を選ぶ。そして「何か仕掛けてきましたよね?」と話すDaiGoは、またもや正解してみせ、沢尻と松坂は「うわー! わかるんだー!!」「すごすぎる!」と驚きの声を上げた。

最後に沢尻は「ハラッと、ドキッとするサスペンスエンタテインメントです。最後まで思う存分楽しんでください!」とコメント。松坂は「この舞台に立てて、ちょっとお得感があります。これは別料金だなって(笑)」とDaiGoのパフォーマンスを称賛し、「あとからじわっとゾクッとくるものが確かにある作品。多くの人に届けばいいな」とファンに語りかけてイベントを締めくくった。

白石晃士がメガホンを取った映画「不能犯」は2月1日より全国ロードショー。それに先駆け、dTVオリジナルドラマ「不能犯」が現在配信中だ。

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV

映画ナタリーをフォロー