映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

白石晃士の新作短編「恋のクレイジーロード」公開、ボイメン田中俊介や宇野祥平出演

515

「恋のクレイジーロード」

「恋のクレイジーロード」

「不能犯」「貞子vs伽椰子」の白石晃士による新作短編「恋のクレイジーロード」が、明日5月5日より愛知・シネマスコーレで公開される。

本作は白石とシネマスコーレの副支配人である坪井篤史が放送しているニコニコチャンネルの番組「白石晃士と坪井篤史の映画狂人ロード」の雑談から始まった企画。田舎道を走るバスを舞台に、女装した殺人鬼と、彼が一目惚れした男チューヤ、そしてチューヤの恋人スミレの姿が描かれる。チューヤと強引に結ばれようとする殺人鬼を乗せたまま、阿鼻叫喚の地獄絵図となったバスは走り続ける。

「ダブルミンツ」や「HiGH&LOW」シリーズなどで知られる田中俊介BOYS AND MEN)がチューヤ、「ジムノペディに乱れる」「月極オトコトモダチ」の芦那すみれがスミレを演じた。また殺人鬼役には「殺人ワークショップ」など白石の監督作に数多く出演する宇野祥平。そのほか細川佳央久保山智夏金子鈴幸、高橋紀之がキャストに名を連ねている。エンディングテーマはKING BROTHERSの「何も欲しくない」。

現在、予告編がYouTubeにて公開中だ。5月5日にはスタッフ、キャストが登壇する初日舞台挨拶も行われる。チケットは本日5月4日の11時から販売開始。予約方法はシネマスコーレのイベント情報ブログで確認を。なお白石が5月3日に撮影を行ったばかりという最新作「超エドガーケイシー(仮題)」が併映される予定だ。

(c)白石晃士と坪井篤史の映画狂人ロード

映画ナタリーをフォロー