映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「不能犯」松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑らが自分の“愚かな行為”を反省

500

「不能犯」完成披露試写会にて、左から白石晃士、矢田亜希子、新田真剣佑、松坂桃李、沢尻エリカ、間宮祥太朗、芦名星。

「不能犯」完成披露試写会にて、左から白石晃士、矢田亜希子、新田真剣佑、松坂桃李、沢尻エリカ、間宮祥太朗、芦名星。

不能犯」の完成披露試写会が、本日12月21日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、松坂桃李沢尻エリカ新田真剣佑間宮祥太朗芦名星矢田亜希子、監督の白石晃士が登壇した。

本作は、宮月新が原作を担当する神崎裕也の同名マンガをもとにしたサイコサスペンス。呪いや洗脳など、実証が困難な手口で殺しを請け負う“不能犯”こと宇相吹正(うそぶきただし)の犯罪が描かれる。

イベントでは宇相吹の能力にちなみ、松坂が“立証不可能”な方法で登場。スポットライトが当たる中、アシスタントが空っぽの箱を積み上げていく。4個目の箱が積み上げられ、同じように中身が空であることを証明した直後、すべての箱が同時に開いて中から松坂が出現して観客を驚かせた。

宇相吹を演じた松坂は、「欲や業ににまみれた人たちを死にいざなっていく立ち位置の役。楽しかった」と振り返る。しかし役に入り込むあまり、共演者たちは松坂に話しかけづらかったという。沢尻は「すごい怖かった! そのままキャラクターが出てきたんじゃないかと……。近寄れないオーラがあって、どう接していいかわからなかった」と述べると、間宮も「いろんな場所に宇相吹の格好でいて、身長も高いし、ぬぼーって立ってるとびっくりする。異質というか、宇相吹の周りだけ色が出ているような存在感でした」と回想。

さらに芦名が「マンガそのままの姿で本当に話しかけられなかった」、矢田が「豹変するときのスイッチに圧倒された」と続けると、松坂は「今回は役に入り込んだほうがいいのかなと。ピリッとしたシーンが多いですし、神出鬼没というのもあったので」と自身の役作りについて言及する。また松坂、新田、間宮の男性陣が話すたびに歓声が飛び交うため、白石は「黄色い声援を受ける映画を作ってこなかったから、今日は非常に新鮮で感動しております」と目を細め、「一見邪悪だけど、その中に何かあるということを、松坂くんならではの言葉にできない人間的な魅力が感じさせてくれます」と松坂をたたえた。新田は松坂と対峙するシーンがなかったが、司会者から「もし対峙したら自分の弱い意思に勝てる?」と聞かれると、「うん……勝てる……」と弱々しい返事をして笑いを誘った。

また「愚かだね、人間は」という宇相吹の決めゼリフに絡め、「これまでやってしまった愚かな行為」を告白するコーナーも。間宮が種の発芽に気を取られて多肉植物を枯らしてしまったエピソード、沢尻が新居に引っ越したら新車がガレージに入らなかった失敗談、新田が母親とテレビ電話していたらミルクを電子レンジで温めすぎて火傷した話などを、それぞれ苦い顔をしながら披露する中、松坂は“愚かな考え方”を告白。「鎗ヶ崎の交差点あたりを歩いていたら、スケボーをやっている人が多くいた。危ないなあって思いながら見ているうちに、転べ転べ転べ! っしゃー転んだ!って思ってしまって……」と明かすと、沢尻から「ワルッ!」とツッコミが入る。松坂は申し訳そうな表情で「ちょっといかんなと思いましたね、その瞬間に。ほーら、そんな危ないことしてっから!って思ってしまって(笑)。よくないですね、そういう感情は」と述べ、自身の考え方を改めることを誓った。

映画「不能犯」は2月1日より全国で公開。それに先駆け、全4話のdTVオリジナルドラマ「不能犯」が明日12月22日より配信される。

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV

映画ナタリーをフォロー