映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「blank13」高橋一生が齊藤工への信頼語る「この場所にいることが幸福」

1232

「blank13」初日舞台挨拶の様子。左からリリー・フランキー、神野三鈴、高橋一生、齊藤工。

「blank13」初日舞台挨拶の様子。左からリリー・フランキー、神野三鈴、高橋一生、齊藤工。

俳優の斎藤工齊藤工名義で監督を務めた「blank13」の初日舞台挨拶が本日2月3日に東京・シネマート新宿にて行われ、齊藤、キャストの高橋一生神野三鈴リリー・フランキーが登壇した。

「blank13」は、借金を残したまま13年前に失踪した父が余命3カ月で見つかったことをきっかけに始まる家族の物語。齊藤は「本当に小さな雑談から始まったこの話を、こんな華々しい場所でこんな素晴らしいキャストと見守ってくれているスタッフの中で上映できてうれしい」と感無量の表情を見せる。

主人公のコウジを演じた高橋は「僕は今回、表面に出ることを極力抑えてわかりやすいことを排除したお芝居をやらせていただきました。それを工さんが信頼して見守ってくださっていたのが何よりもうれしくて。そばにいていただいて心強かったですね」と撮影を回想。さらに「そういうことは初めてだったんですが、撮影前に話し合いの時間を設けてくださった。『こういう映画が好きなんです』などというお話をさせていただき、ベクトルみたいなものは一緒だなと感じました」と明かす。

コウジの母役・神野は「監督が撮影現場でいつも幸せそうな顔をしていたのがうれしくて安心で、絶対的な肯定感に包まれていました」と笑顔で語る。コウジの父に扮したリリーは「遺影をきれいに撮っていただいたんで、遺影のお芝居が半端なくいいです」と話し、客席の笑いを誘った。

ここで節分の日にちなみ、登壇者があらかじめクリップボードに書いた“呼び込みたい福”を発表することに。何も書かれていない“blank”のボードを見せた高橋が「この場所に立たせていただいていることが幸福。僕、もう福招いちゃってるんで」とはにかみながら述べると、ほかの登壇者たちから「カッコいい……」という声が上がる。「必要な人」と書いた齊藤は「今日から我が子がいろいろなところに旅に出ますけど、数じゃなくて“必要な人”にこの映画が届くことを願っています」と真摯に語った。

最後に齊藤は「僕に映画を撮る才能があるなんて口が裂けても言えません。ただこの映画は奇跡的なことがたくさん起こったので、必然的に作られた映画だと思っています。映画の神様がほほえんだと思っているこの映画を映画館で何度も味わっていただけたらと思います 」とメッセージを伝え、イベントの幕を引いた。

松岡茉優、伊藤沙莉、村上淳、佐藤二朗らもキャストに名を連ねる 「blank13」は東京・シネマート新宿にて上映中。2月24日より全国で順次公開される

(c)2017「blank13」製作委員会

映画ナタリーをフォロー