映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

僕は誰のもの?高橋一生が雑誌で“バレンタインプレゼント”に、齊藤工とのグラビアも

487

高橋一生が表紙を飾る雑誌・TVガイドPERSON Vol.66が本日2月9日に発売された。

主演作「blank13」の公開に合わせて登場した高橋。表紙は「blank13」のオフィシャルカメラマンでもある写真家レスリー・キーの発案により、高橋をバレンタインの“プレゼント”にしてしまおうというコンセプトで撮影された。ロングインタビューでは高橋が「自分が何のため、誰のために存在していきたいのか」について考え、自身に「大きな転換期が訪れている予感がする」と赤裸々に告白している。

さらに「blank13」で監督を務めた齊藤工と高橋の2ショットグラビアや、齊藤が登壇したシンガポール国際映画祭の模様、レスリー・キーが語る同作の見どころなどを掲載。18ページにわたる「blank13」特集が組まれている。

そのほか同誌には、「曇天に笑う」で兄弟役を演じる福士蒼汰と中山優馬や、村上信五(関ジャニ∞)、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、戸塚祥太(A.B.C-Z)、浦井健治、城田優、桐谷美玲、上村祐翔、古川雄輝、関和亮、柿澤勇人らが登場する。

高橋が出演した「blank13」「嘘を愛する女」は現在公開中。

映画ナタリーをフォロー