映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「blank13」齊藤工、笹川美和の主題歌弾き語りに感激「夢のよう」

336

「blank13」トークイベントの様子。

「blank13」トークイベントの様子。

本日5月11日、「blank13」のトークイベントが東京・シネマート新宿で開催され、監督の齊藤工、主題歌を担当した笹川美和が出席した。

イベントは、笹川による主題歌「家族の風景」の歌唱からスタート。ピアノを弾きながら優しい歌声で会場を包み込んだ笹川へ、齊藤は「夢のようです」と賛辞を送りながらステージに上がり「(本作を作るうえで)ラストシーンにこの曲がかかるのが最大の条件だったんです」「キャストよりも先に決めたのはこの曲が使えるか否か。ある意味で曲が主人公の作品」と続けた。

続いて齊藤は「みんな、僕に会うとこの作品を思い出してくれる。その核には音楽があると思うんです」と本作の反響に触れる。そして「後半のシークエンスは挑戦的すぎるので、音楽を手がけた金子ノブアキに音で補ってほしいとオーダーしたんですが、『音じゃなくて空間に頼ったほうがいい』と言われて。彼が“音を付けない”という音の付け方をしたときは鳥肌が立ちました」と完成に至るまでのエピソードを明かした。

一方の笹川は「あの齊藤(斎藤)工さんですよね?と、スタッフ一同ただただ驚きました」と楽曲使用のオファーが舞い込んだ際の心境を振り返る。また齊藤から本編を観たときの感想を尋ねられると「すごくいい使われ方をしていたので申し訳ない気持ちでいっぱいです」と照れ笑いを浮かべ、「ハナレグミさんの曲のカバーですし、(この状況は)すべてにおいて“棚から牡丹餅”だと思っています。長くみなさんに愛してもらえているのはやっぱりうれしいです」と楽曲への思いを語った。

現在上映中の「blank13」は、借金を残したまま13年前に失踪した父が余命3カ月で見つかったことをきっかけに始まる家族の物語。主人公のコウジに高橋一生、失踪した父にリリー・フランキーが扮し、松岡茉優、神野三鈴、伊藤沙莉、村上淳、佐藤二朗らがキャストに名を連ねる。

(c)2017「blank13」製作委員会

映画ナタリーをフォロー