映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

間宮祥太朗、「全員死刑」出演の決め手は監督との対話「この人となら映画を作れる」

450

「全員死刑」公開直前イベントに登壇した間宮祥太朗。

「全員死刑」公開直前イベントに登壇した間宮祥太朗。

本日11月9日、「全員死刑」の公開直前イベントが東京・ヒューマントラストシネマ有楽町にて開催され、主演の間宮祥太朗が登壇した。

「孤高の遠吠」の小林勇貴がメガホンを取った本作は、被告である一家4名全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件と、同事件について書かれた書籍をもとにしたもの。間宮は加害者一家の次男タカノリに扮した。

間宮の女性ファンが集結した本イベントの冒頭では、来場者たちへ「『全員死刑』の間宮はアリかナシか?」というアンケートを取ることに。ナシ派が数名いるのを確認した間宮は、「(ナシ派の観客の)顔を覚えて帰ろうかなと思います!」と茶目っ気たっぷりにコメントする。

これが映画初主演作となった間宮は「作品の内容を聞いて、出演するか悩んだ」とオファーを受けたときの心境を明かす。結論を出すにあたっては小林と会うことを望んだそうで、「小林監督とご飯を食べながらいろんな話をして。この人となら映画を作れるぞと自信が持てたので、ご飯会が終わるときによろしくお願いしますと言いました」と当時を振り返り、「監督はすごく純粋! 映画を撮ることが楽しくて仕方がないという顔をしているんです」と小林の人となりに言及した。

続いて、間宮が観客からの質問に答えるコーナーが用意された。「タトゥーメイクはどのくらい時間がかかりましたか?」という問いに、間宮は「2時間半から3時間弱くらいです」と即答し、「刺青の意味や、刑務所に入ることが多い人はなかなか刺青が完成しないということなど、細かいディテールを小林監督が説明してくれたんです」とにこやかに話す。

さらに、初主演を祝して、ファンから100本のバラを渡されることになると、間宮は「こんな機会はめったにないです!」と満面の笑みを浮かべる。そして「お付き合いいただいて申し訳ない……」とファンを気遣いながら花束を受け取り、「重いですね、バラ100本って」と率直な感想を述べた。

最後に間宮は「この映画で初主演を飾れてよかった。これからずっと一緒に、面白い映画を作っていきたいと思える監督と出会えました。ショッキングな映像もありますが、この作品がたくさんの人に知られてほしいと心から思います」と挨拶し、イベントを締めくくった。

「全員死刑」は11月18日より全国ロードショー。

※「全員死刑」はR15+指定作品

(c)2017「全員死刑」製作委員会

映画ナタリーをフォロー