映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「全員死刑」間宮祥太朗が小林勇貴に「一生添い遂げたい」、“死ケーキ”をアーン 

579

「全員死刑」初日舞台挨拶の様子。

「全員死刑」初日舞台挨拶の様子。

本日11月18日に「全員死刑」の初日舞台挨拶が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、キャストの間宮祥太朗毎熊克哉六平直政入絵加奈子清水葉月、監督を務めた小林勇貴が登壇した。

「全員死刑」は、被告である一家4名全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件と、同事件について書かれた書籍をもとにしたもの。間宮が加害者一家の次男・タカノリを演じた。

上映後、多くの女性客で埋め尽くされた会場に登場した間宮は「本当に公開が待ち遠しかったです。一生に一度の人生で初めての主演映画、感慨深いものがあります」と挨拶。メンチを切ったかと思えば笑顔を見せるなど表情をくるくる変える小林は「狂気の新人監督・小林勇貴です! 『全員死刑』めちゃくちゃ面白かったと思います! 知ってます!」と威勢よく言葉を放った。本作への出演を最初は迷っていたという間宮は「最初に監督にお会いして、小林監督とならすごいものを作り上げられるんだろうと信頼と期待が生まれた。僕も映画を心から愛しているので一生添い遂げたいと思える監督と出会えて幸せです」と想いを吐露した。その言葉を聞いた小林は「ずっと一緒に映画を撮りたいと思ってるんで、本当に責任取ってほしい」と続ける。

現場でもムードメーカーだったと皆が証言する六平は、本作について「残虐なようだけど実話でしょ。違う見方をしたらヒューマンドキュメント」と述べ、小林を「深作(欣二)さんや伊丹(十三)さん、いろんな人とやってきたけど負けないセンスの鋭さがあるね。だからほっといても大物監督になると思う」とたたえた。

続いて、本作の公開を祝して「全員死ケーキ」が舞台に運び込まれる。司会者が「相思相愛の間宮さんと小林監督の結婚披露宴ということで、ケーキを食べさせ合ってもらいます!」と説明し、間宮と小林は愛を込めた“アーン”をすることに。小林が「一生俺の映画出てくれよ! 愛してる!」と叫び、間宮がケーキを頬張ると客席から黄色い歓声が上がる。間宮は「俺を食べてほしいから」と言いながら、自分の顔が描かれた部分をスプーンですくう。「あたしこっち向いてる……」と照れながら後ろを向いていた小林は間宮のケーキが少ないことを確認すると「もっと! もっと好き……」とさらなる愛を要求。間宮がスプーンからあふれ出るほどのケーキをすくうと「大好き!」と歓喜し、間宮は「これからも映画で一緒に生きていきましょう! 一生添い遂げましょう!」と思いを告げながらケーキを食べさせた。

最後に間宮は「映画が好きでこの仕事を始めて一生に一度の作品が小林監督の映画でよかったと心から思います」と感慨深げに述べ、小林は「怖いもの見たさは悪いことじゃないし、怖いもの見せたさもある。何回観ても楽しめて発見がある映画を撮ったつもりなので、1人でも多くの人をもぶっ殺(さら)いたい。また俺の映画と喧嘩してやってください!」と大きな声で挨拶し、イベントは和やかなムードのまま幕を閉じた。

※「全員死刑」はR15+指定作品

(c)2017「全員死刑」製作委員会

映画ナタリーをフォロー