映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキーがアヌシーW受賞アニメの日本語吹替担当

336

ストップモーションアニメ「ぼくの名前はズッキーニ」の日本語吹替キャストが発表され、あわせて本ビジュアルが解禁された。

スイスのアニメーション作家クロード・バラスが監督を務めた本作は、アヌシー国際アニメーション映画祭2016の長編部門で、グランプリにあたるクリスタル賞と観客賞をダブル受賞したアニメ。亡き母に付けられた愛称“ズッキーニ”を大事にしている9歳の少年が、孤児院・フォンテーヌ園の中で自分の居場所を見つけていく。

今回、主人公ズッキーニの声を峯田和伸が担当することが明らかに。峯田は「世界は取り返しがつかなくって、おっかなくって、連れていかれそうになるけど、ズッキーニといっしょに手をつないで。観てくれる皆さんといっしょに。みたことない色といっしょに」とコメント。またズッキーニの親友・カミーユに麻生久美子、ズッキーニをフォンテーヌ園へ導く警察官・レイモンにリリー・フランキーが声を当てる。

「ぼくの名前はズッキーニ」は2018年2月10日より、東京・新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国ロードショー。

峯田和伸 コメント

世界は取り返しがつかなくって、おっかなくって、連れていかれそうになるけど、ズッキーニといっしょに手をつないで。
観てくれる皆さんといっしょに。みたことない色といっしょに。

麻生久美子 コメント

カミーユの見せたとても綺麗な涙。なにを想って泣いたのだろうと考えると胸が苦しいけれど、同時に温かい感情も伝わってくる素晴らしいシーンでした。この感情の変化を、独特の世界観を壊さないように丁寧に演じたいと思っています。

(c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

映画ナタリーをフォロー