映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アニゴジ完成披露、大興奮の宮野真守に松尾諭が“水ドン”「まずは君が落ち着け!」

1231

アニメーション作品「GODZILLA 怪獣惑星」の完成披露が、本日11月2日に東京・TOHOシネマズ 新宿で開催。キャストの宮野真守櫻井孝宏花澤香菜梶裕貴諏訪部順一、監督の静野孔文瀬下寛之が出席した。

先にセリフの収録を行う、プレスコ方式が取られた本作。宮野は「自分たちの間合いでお芝居できたのは、役者として非常にプラスに働くところがあって。瀬下さんたちは細かいお芝居のニュアンスや間合いを拾ってくれて、それを映像に生かしてくれる。僕らが生きている証が、映像に組み込まれてるんです。すごくやりがいがありました」と収録時を振り返る。そして花澤が「台本にト書きでいろいろ書いてあったので想像はしていましたね。どうしたらいいんだろうという感じではなかったです」と話すと、梶は「間合いとか空気感、雰囲気を大事にできる手法なので、改めて楽しいなと思いました」と続けた。

本作を鑑賞した感想を尋ねられた宮野は「感動しました!」と弾けんばかりの笑顔を見せ、「(プレスコのため)想像の中にあったものを、映画ではすべて正しく観られるわけじゃないですか。『おおお、ゴジラおーい!』みたいな!」と、完成したゴジラのビジュアルを目にしたときの心境を明かす。諏訪部も「『こうなってたんだ、早く言ってよ!』みたいなのもあれば、演じていたときに自分の中に広がってた光景と一緒だ……という珍しい体験ができた」と感慨深げに話し、「うまく言葉で説明できない」と呆然としたという櫻井が「語彙力を奪われる。チープな表現になっちゃうんですけど、“ヤバい”ですね。素晴らしいという意味で、マジヤバい」と口にすると、宮野はその発言を食い気味に「マジヤバー」と茶化し、観客を笑わせた。

イベントには、「シン・ゴジラ」のキャスト・松尾諭津田寛治がサプライズ登場。スーツ姿の2人が現れると、宮野は「わあすごい! わあすごい!」と大興奮する。それを見た松尾は、ペットボトルを宮野の胸に押し付けて「まずは君が落ち着け!」と諭し、「シン・ゴジラ」の“水ドン”シーンを再現してみせた。

続いて、「GODZILLA 怪獣惑星」のネタバレが気になった様子の松尾は「ゴジラが出てくるっていうのは言っていいんですよね?」と茶目っ気たっぷりにコメントし、宮野から「『GODZILLA』って作品!」とツッコまれる。また、津田が「ディテールとか設定がしっかりしていてびっくりした。映像が、CGとアニメーションの中間くらいというんでしょうか、リアルなんですけどアニメになっている」と真面目に述べた際には松尾が「役者っぽいっすね」とジョークを飛ばすなど、和やかな雰囲気の中トークは展開していく。

最後に宮野は「アニメーションならではの世界観で、今までに見たことないゴジラができあがっております。スケールの大きさに驚いていただき、その中にあるストーリーの奥深さに心打たれていただけたらなあと思っております。僕らは全力で演じましたし、製作陣も全力で作りました。ぜひお楽しみください」と本作を力強くアピールし、イベントを締めくくった。

3部作で展開する「GODZILLA」シリーズの1作目となる「GODZILLA 怪獣惑星」は11月17日に全国ロードショー。巨大生物“怪獣”と、怪獣をも駆逐する究極の存在・ゴジラの出現によって地球を追われた人類の逆襲が描かれる。

映画ナタリーをフォロー