映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山下健二郎「オラついてないですよ」、今泉力哉の新作がTIFFで上映

265

左から今泉力哉、深川麻衣、山下健二郎。

左から今泉力哉、深川麻衣、山下健二郎。

パンとバスと2度目のハツコイ」が本日10月29日に第30回東京国際映画祭で上映。キャストの深川麻衣山下健二郎三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、監督の今泉力哉が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われたイベントに参加した。

本作は、パン屋で働く独自の結婚観を持つ女性とその初恋相手が織りなすラブストーリー。結婚に踏ん切りがつかず恋人と別れた市井ふみを深川、離婚した元妻のことが忘れられない湯浅たもつを山下が演じ、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂がキャストに名を連ねる。

映画初出演にして、主演を務めた深川は「今泉監督が作る世界の中で、ふみが不器用なりにも相手と向き合っているのが伝わればいいなと思って演じました」と撮影を回想。山下は現場にほっこりとした空気が流れていたことを明かし、「(たもつは)体験したことのない役柄でしたね。今回は人殴ったり、バイク乗ったり、オラついたりしてないですよ(笑)」と、自身が出演している「HiGH&LOW」シリーズを引き合いに出しながら説明した。

続けて山下は深川について「ネガティブなことを一切言わないんですよ。だからいつも僕が悪者でしたね」と述べる。山下に対しクールな印象を抱いていたという深川が「休憩時間にバス釣りの話を熱心にしていて、実際は明るくて現場を盛り上げてくれる方でした」と話すと、山下は「全然興味のない話を延々としていましたよね」と申し訳なさそうに語った。

今泉は今作を制作するうえで「作りものでない恋愛を描くこと」を心がけたという。そして今泉は「お二人に演じてもらうときに美しさやカッコよさを意識的に落とすことで、逆にそれが美しく見えたりキラキラしたシーンになるのではないかなと」と自身の手法を明かす。しかし鏡越しに山下が手を洗うシーンの撮影には苦戦したようで、「何回撮っても山下さんがカッコいいんですよ。『これだとまだカッコいいですね』って(笑)」と振り返った。

本作のテーマを尋ねられた今泉は「ずっと同じ人を好きでいることですね」と説明。「今までも真面目すぎたり奥手な人の恋愛を描いてきたんですが、今作では結婚という事柄も絡んできます。深川さんと山下さんも親身になって一緒に作ってくれて、このような場で披露できることを光栄に思います」と感慨深げに話した。

「パンとバスと2度目のハツコイ」は、2018年2月17日より全国のイオンシネマにて公開。

(c)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー