映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

染谷将太「空海」フッテージ映像に「感動した」、阿部寛らと東京国際映画祭に参加

91

第30回東京国際映画祭オープニングセレモニーの様子。左から染谷将太、阿部寛。

第30回東京国際映画祭オープニングセレモニーの様子。左から染谷将太、阿部寛。

本日10月25日、第30回東京国際映画祭のオープニングセレモニーが東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催され、オープニングスペシャル作品の「空海―KU-KAI―」よりキャストの染谷将太ホアン・シュアン、シン・ポーチン、松坂慶子阿部寛が登壇した。

チェン・カイコーが監督を務める本作は、夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」をもとにした日中共同製作映画。唐時代の中国を舞台に、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人の白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る。

イベントでは約9分間の「空海―KU-KAI―」のフッテージ映像を上映。初めて映像を観たと言う空海役の染谷は「本当にすごいですね。実感が湧かないぐらい感動しました。早くこの大スペクタクルを皆さんに観ていただきたいです」と述懐する。

阿倍仲麻呂役の阿部は「あまりのスケールの大きさにびっくりした。1日1カットしか撮らない日もあって、1日に撮るのは多くて4カットでした。こんな撮影の仕方がいまだにあるんだなと」と撮影を振り返る。フッテージ映像を観た感想については「別の自分を観ているようだった」とコメント。

白玲役の松坂は「長年の憧れだったチェン・カイコー監督の作品に出させていただけて光栄でした。カイコー監督の演出を受けられ、改めてありがたい経験だったと思います」とチェン・カイコーに感謝する。白楽天役のホアン・シュアンは「日本の素晴らしい俳優、スタッフの方々と仕事ができ、いい経験になりました」、李白役のシン・ポーチンは「皆さんと同じように僕もこの映画の完成に期待しています」とそれぞれ思いを明かした。

「空海―KU-KAI―」は、2018年2月24日より全国ロードショー。また第30回東京国際映画祭は、本日10月25日から11月3日まで東京・六本木ヒルズほかにて開催される。

映画ナタリーをフォロー