映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

三木孝浩、月川翔、瀬田なつきらスタダ所属監督の映画祭「幕の内弁当みたい」

61

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」開会挨拶の様子。

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」開会挨拶の様子。

芸能プロダクション・スターダストプロモーションのグループ会社に所属する映画監督の作品を集めた上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」が、9月23日と24日に東京・ユーロライブにて開催された。

このイベントでは、2日間にわたり三木孝浩の「陽だまりの彼女」、猪俣ユキの「ユモレスク~逆さまの蝶~」、Yuki Saitoの「古都」、落合賢の「太秦ライムライト」、瀬田なつきの「PARKS パークス」、金井純一の「ちょき」、月川翔の「君と100回目の恋」などを上映。さらにそれぞれの監督とゲストによるティーチインも実施した。

初日の開会挨拶には、監督7名が登壇。三木は「映画との面白い出会い方ができる映画祭だと思います。もちろんお目当ての作品はあると思うのですが、ノーマークだった作品もぜひお楽しみいただけたら」と話した。

そして「陽だまりの彼女」のティーチインには三木と、同作のほか「管制塔」「ホットロード」などの音楽を担当したmio-sotidoが参加。mio-sotidoが「三木さんの映画は、登場人物の裏の裏の感情を表現されていて。例えば笑ってても違うことを考えていたりとか。そこも表現できないかなといつも考えています」と言うと、三木は「もともと僕はPVを監督してたりするので、音楽から映像を発想するのが好き。mioさんのお陰で映像のイメージが膨らんですごくありがたいです」と返した。

「ユモレスク~逆さまの蝶~」のトークでは、主演の太田莉菜が「久しぶりに観たけどクレイジーですね。あのとき、あの年齢で、あの瞬間しか出せないことをやってて」と振り返る。脚本をあてがきしたという猪俣は「直感だけでオファーさせてもらって、こういう作品ができてよかったです」と述べた。Saitoと主題歌「糸」を歌う新山詩織が参加した「古都」のティーチインでは、Saitoが「“伝統の継承”というのが1つのテーマで、出演者の橋本愛さんも成海璃子さんも20歳の役だったので、20歳のシンガーソングライターで現代版の『糸』を起こしてくれる人は誰かと考えた」と起用理由を明かす。新山は同曲の弾き語りライブを行った。

そして「太秦ライムライト」の上映後には落合とヒロイン役の山本千尋がステージに。主演の福本清三について、落合は「作品に対する献身的な姿勢が本当に勉強になりました」と、山本は「福本さんはずっと自分に満足していなくて。キャリアもあって、主演もされているのに『わしなんか、わしなんか』と謙虚な姿勢でやられているので、私も自分に満足せず、上を目指していきたい」と話した。

2日目は、瀬田の「PARKS パークス」にて音楽と出演の形で参加した井手健介がゲストとして登場。物語の舞台となった街・吉祥寺にあった映画館バウスシアターの元スタッフである井手は「そのときはスタッフとして瀬田さんの映画を上映する側で、単にファンだったんです」と明かし、本作へ参加したことについて「映画と同様に、不思議な出会いでした」と喜ぶ。「ちょき」では、金井がゲストである主演の増田璃子へ「増田さんとは『転校生』という短編からの縁でお願いしたのですが、眼差しの強さと、何をするかわからない危うさが魅力の女優さんだと改めて思いました」とコメントした。

また「君と100回目の恋」の上映後には、月川と、楽曲を提供したandropの内澤崇仁が登壇。坂口健太郎ら演じる劇中バンドの楽曲について、月川は「バンドがだんだんうまくなっていく設定だったので、演奏が失敗する感じもリアルに知りたくて。失敗するバージョンもandropさんに演技していただいて、それをキャストがまねるという演出もした」と告白。MCの三木を「andropに演技させたなんて!」と驚かせた。

最後の閉会挨拶では、三木が「個性の集まった監督の作品とトークショーで、『幕の内弁当』のような面白い映画祭になったと思います」と、月川が「三木監督が先陣を切ってくださって、同世代の監督が切磋琢磨していることを実感できた2日間でした」と感想を話し、イベントは終了した。

なお三木の最新作「先生! 、、、好きになってもいいですか?」は、10月28日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー