カンヌ女優賞に輝いたR15+官能ラブストーリー「モン・ロワ」公開

61

第68回カンヌ国際映画祭にて主演のエマニュエル・ベルコが女優賞を獲得した「Mon Roi」が、「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」の邦題で公開される。

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」

大きなサイズで見る

フランス映画祭2016でも上映された本作は、女性弁護士トニーとレストラン経営者ジョルジオの10年にわたる愛の軌跡を描く官能ラブストーリー。「太陽のめざめ」などで監督としても活躍するベルコがトニー、「美女と野獣」のヴァンサン・カッセルがジョルジオを演じる。監督を務めたのは「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」で第64回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したマイウェン

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」は3月25日より東京・YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開。なお本作はR15+指定となっている。

関連記事

エマニュエル・ベルコのほかの記事

関連商品

(c)2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR - STUDIOCANAL

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 / エマニュエル・ベルコ / ヴァンサン・カッセル / マイウェン / ルイ・ガレル / イジルド・ル・ベスコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。