映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

エリック・ロメール作品をオールナイト上映、「海辺のポーリーヌ」など4本

108

「海辺のポーリーヌ」 (c)Les Films du Losange

「海辺のポーリーヌ」 (c)Les Films du Losange

オールナイト上映会「世界の映画作家Vol.181 それは輝きのとき エリック・ロメール」が、2月25日に東京・新文芸坐で開催される。

この企画ではエリック・ロメールの監督作4本を上映。15歳の少女が経験するひと夏のアバンチュールを描く「海辺のポーリーヌ」、ヴェネツィア国際映画祭にて最高賞の金獅子賞を受賞した「緑の光線」、パスカル・オジェの遺作となった「満月の夜」、対照的な2人の少女が体験する不思議な出来事を4話オムニバス形式でつづる「レネットとミラベル 四つの冒険」がラインナップされた。前売り券は劇場窓口およびチケットぴあにて販売中。

世界の映画作家Vol.181 それは輝きのとき エリック・ロメール

2017年2月25日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:30 / 開映 22:45 / 終映 翌5:50(予定)
<上映作品>
「海辺のポーリーヌ」
「緑の光線」
「満月の夜」
「レネットとミラベル 四つの冒険」
料金:一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満入場不可

映画ナタリーをフォロー