映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

カラックスやカウリスマキら6人の処女作を上映、「巨匠、誕生の瞬間」神戸で開催

131

「罪と罰」 (c)Sputnik 0 v

「罪と罰」 (c)Sputnik 0 v

8月20日から9月2日にかけて、兵庫県・元町映画館にて特集上映「巨匠、誕生の瞬間~デビュー作から見えてくるもの~」が開催される。

この企画は、会場となる元町映画館の開館6周年を記念して行われるもの。上映作品は、黒沢清監督作「神田川淫乱戦争」をはじめ、レオス・カラックスの「ボーイ・ミーツ・ガール」、ジャ・ジャンクーの「一瞬の夢」、アキ・カウリスマキの「罪と罰」など、“巨匠”の処女作ばかり計6本。「巨匠と呼ばれる監督にもデビュー作はある。そんな作品をスクリーンで上映し、改めて映画のよさを再発見したい」との思いからこのたび実施される。

なお9月2日には、テーマ「元町映画館のつくり方」のもと、元町映画館スタッフによるトークショーが行われる。特集上映「巨匠、誕生の瞬間~デビュー作から見えてくるもの~」の詳細は公式サイトにてチェックしよう。

巨匠、誕生の瞬間~デビュー作から見えてくるもの~

2016年8月20日(土)~9月2日(金)兵庫県 元町映画館
<上映作品>
黒沢清「神田川淫乱戦争」
ジャ・ジャンクー「一瞬の夢」
レオス・カラックス「ボーイ・ミーツ・ガール」
アキ・カウリスマキ「罪と罰」
ジョン・カサヴェテスアメリカの影
ベルナルド・ベルトルッチ「殺し」
料金:一般 1500円 / シニア 1100円 / 学生 1000円 ※6回券 6000円
<登壇者(予定)>
齊藤誠、宮本裕也、林未来(元町映画館スタッフ)※9月2日のみ

※料金に変更があり、記事を修正しました。

映画ナタリーをフォロー