映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「勇者ヨシヒコ」第3弾が山形でクランクイン、山田孝之「どんどん面白くなる」

4874

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 (c)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 (c)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

山田孝之が主演を務めるドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の撮影が山形で始動した。

本作は2011年の第1弾「勇者ヨシヒコと魔王の城」、2012年の第2弾「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」に続くシリーズ第3弾。仏の力によりよみがえった勇者ヨシヒコとその仲間ムラサキ、メレブ、ダンジョーが、暗黒の時代に変わり果てた世界を救うために繰り広げる旅を低予算で描く。第1弾、第2弾に引き続き「HK/変態仮面」シリーズの福田雄一が監督を務める。

ヨシヒコ役の山田は「山形に来たときはうれしかったです。なんか戻ってきた感があって。実際現場に入って芝居してみると、4年経っていても、その時間が一気に『パッ』となくなり、連携具合というか、ボケと突っ込みとかがいつも通りの感じで始まりました」、ムラサキ役の木南晴夏は「プライベートでもほぼほぼみんなに何年も会ってなかったので大丈夫かなって不安だったんですけど、初日の最初の2時間くらいで慣れましたね」とそれぞれコメント。

メレブ役のムロツヨシは「第2弾から4年空いたというところで、期待がすごく高いのをヒシヒシと感じております。その期待に応える、大きく超える、そして裏切る準備がすでにできております」と意気込みを見せる。また仏役の佐藤二朗は「あんなバカバカしい作品をまたまた作るなんて、テレビ東京の懐の深さと勇気を感じました。全身全霊でバカバカしさを探求したいと思います」、ダンジョー役の宅麻伸は「第3弾をやると聞いて、『また馬鹿なことを』と思いました。でもどこかで楽しみにしている自分がいて。やっぱりちょっと毒されてきているところはあります(笑)」と述べた。

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」はテレビ東京系にて2016年放送予定。

山田孝之 コメント

山形に来たときはうれしかったです。なんか戻ってきた感があって。実際現場に入って芝居してみると、4年経っていても、その時間が一気に「パッ」となくなり、連携具合というか、ボケと突っ込みとかがいつも通りの感じで始まりました。
第3弾では、前回時間の関係でできなかったこともしっかり練った状態でできたらと思っていました。今回しっかりと時間を取って準備ができたのでうまく進んでいます。
「勇者ヨシヒコ」は過去2作品もそうですけど、盗賊だったりゲストだったりいろんなところで、よく出演してくれたなっていうような方々がいっぱい出てきてくれますし、今回は「勇者ヨシヒコ」という世界観の中でカブせるネタはカブせたり、また新たなことをやったり、プロデューサー陣が皆、頭を抱えるようなことを台本でどんどん入れていったりして(笑)。でもそういうのがどんどんクリアになっていってるので、これはどんどん面白くなるなって思っています。

木南晴夏 コメント

第2弾が終わった時点から第3弾をやりたいっていうのは聞いていたので、もっとすぐやると思っていましたけど、このタイミングでビックリしました。
プライベートでもほぼほぼみんなに何年も会ってなかったので大丈夫かなって不安だったんですけど、初日の最初の2時間くらいでなれましたね。もう、感覚的に「あっ、そういえばこんな感じだった」みたいな。4年間空いてしまったんですけど、ずっと続編やらないんですかって言ってくださる方がたくさんいて。すごい楽しみにされている方が多いと思うんです。なんか期待されすぎると怖いけど、でもその期待に応えられるくらい今回もとっても面白くなってると思います。

ムロツヨシ コメント

前作が終わったときに、もう率直に「コレで終わるわけはないな」と思ってたので、あとはタイミングだけの問題だと思いました。僕もメレブはもう一度やらないと気がすまないと思ってましたので、率直にうれしかったですね。
第1弾から第2弾にかけては確か1年くらいしか空いてなかったと思うんですよ。だからなんのブランクもなかったんですけど、さすがに4年たったらなんか思い出す作業が必要になるのかなと思って衣裳着て4人で並んだら、一切思い出す必要はなかったですね。ブランクとかなかったっていうのがすぐわかりました。宅麻さんも含めて、木南と隣で目を合わせて「大丈夫だな、コレ」って。
第2弾から4年空いたというところで、期待がすごく高いのをヒシヒシと感じております。その期待に応える、大きく超える、そして裏切る準備がすでにできております。ですので大いに期待していただいて、こちらも大いにスカしてみせたいと思いますし、しっかりお応えしたいと思っております。

佐藤二朗 コメント

あんなバカバカしい作品をまたまた作るなんて、テレビ東京の懐の深さと勇気を感じました。全身全霊でバカバカしさを探求したいと思います。

宅麻伸 コメント

第3弾をやると聞いて、『また馬鹿なことを』と思いました。
でもどこかで楽しみにしている自分がいて。やっぱりちょっと毒されてきているところはあります(笑)。
このダンジョーの格好、ルックスけっこう楽しんでます。特にこの風景の中に入ってると、4年ぶりっていう感じがしないんです。でも確実に年は重ねていますからね。還暦になっちゃったから疲労回復にはちょっと時間がかかるかなっ(笑)。視聴者の方も楽しみにしてくれていると聞いて、非常にうれしいし、ぜひ今までよりパワーアップした「勇者ヨシヒコ」を観てもらいたい。楽しみにしていて下さい!

福田雄一 コメント

実に4年ぶりとなるヨシヒコですが、山田くんとムロくんとはプライベートでもちょいちょい会っていたし、タイミングを待っていた感じです。庄内に来て、僕の印象は「懐かしい」というより、つい最近も来てた感覚でした。ヨシヒコ一行のお芝居もずっとやってきた感じで。ゲストの俳優さんが来て「うわ! 本物だ!」って言ってくれると、なんだか年月を感じますが。この前、撮影終わりで山田くんが焼肉食べながら「面白いシーン撮ってうまい山形牛食って! 最高ですね!」って言ってたのが、とても幸せでした。

映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」公開記念グッズ
※ご購入はこちらから!
映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」公開記念グッズ

映画ナタリーをフォロー