映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「セーラー服と機関銃」橋本環奈に武田鉄矢が贈る言葉「いつかは故郷を旅立って」

526

「セーラー服と機関銃 -卒業-」公開初日舞台挨拶の様子。左から前田弘二、大野拓朗、長谷川博己、橋本環奈、武田鉄矢、宇野祥平。

「セーラー服と機関銃 -卒業-」公開初日舞台挨拶の様子。左から前田弘二、大野拓朗、長谷川博己、橋本環奈、武田鉄矢、宇野祥平。

本日3月5日、「セーラー服と機関銃 -卒業-」の公開初日舞台挨拶が東京・角川シネマ新宿にて行われ、キャストの橋本環奈長谷川博己大野拓朗宇野祥平武田鉄矢、監督の前田弘二が登壇した。

「皆さん、『セーラー服と機関銃 -卒業-』いかがでしたか?」と客席に問いかける橋本。大きな拍手が返ってくると笑顔を見せ、「昨日は緊張して全然眠れませんでした。今、皆さんから温かい拍手をいただいてすごくホッとしました」と挨拶する。

橋本演じる星泉と共闘するヤクザ・月永を演じた長谷川は、客席からの「アニキー!」という声に「おお……ありがとう!」と応え、「橋本環奈ちゃんは女優としては新人ですが、だからといって容赦してはいけないなと思っていました。すると環奈ちゃんも僕のそんな思いに応えてくれて、日々彼女の表情が変わっていく姿を見ているのは楽しかったです」と述べた。

映画を通して“卒業”できたことを聞かれた橋本は、「しょうもない話でもいいですか?」と笑い、「早起きができるようになりました」と回答。「本当に朝が苦手で、目覚まし時計とか携帯電話のアラームとかいっぱいかけてるんですよ。でも映画の撮影をしていた1カ月間は一度も寝坊しなかったんです」と続け、「……すいません、当たり前のことなんですけど(笑)」と頭を下げる。長谷川は「月永という役をやること自体で、僕はある意味新たなところにいけたなと思うんです。むしろ僕はこういうアクションとか男臭いものをもっともっとやっていきたいと思っていて、卒業したくない。『96時間』のリーアム・ニーソンみたいになりたいなって思ってるんですよ(笑)」と明かし会場の笑いを誘った。

プライベートで“卒業”したことを聞かれた大野は、「僕、面白くない男なんですね。だから『面白くない男』をどう卒業するかというのが今年のテーマなんです。でも僕には長谷川さんみたいなトーク力はないから、体を張るしかなくて。飲み会でとにかく明るい安村さんのモノマネをしたり、江頭2:50さんのモノマネをタイツ一丁でやってみたりして、『面白くない男』を卒業できるよう努力しております」と回答。すると橋本が「見たいです」と無茶振りし、大野は「ここではできないですよ!」と一度はためらったが、客席に向かって「おーい! お前ら! 今日は(映画を)観てくれてありがとう!」と江頭のモノマネを披露し、拍手を浴びる。続いてプライベートで卒業したことを聞かれた宇野は、「大野拓朗さんを卒業しようかな(笑)」と笑いつつ、「でも、(大野は)面白い人なんですよ」とフォローした。

橋本への“贈る言葉”をMCから求められた武田は、「橋本環奈と一緒に仕事をしていて惜しいなと思うのは、撮影が終わると彼女が里(福岡)に帰ることなんですね。この映画で彼女は女優としての第一歩を踏み出したわけですが、いつかは故郷を旅立って東京で生きていくという決心をしないと、一人前にはなれない気がする。九州出身の人たちがみんな味わった、寂しさの中から自分のクリエイティブを刺激していくということを、彼女には心がけてほしい。同郷の先輩として、心より祈っております」と厳しくも温かなメッセージを贈る。また前田は、「この映画をもって、橋本さんは『初主演』という冠を卒業しました。これから素晴らしい監督や共演者たちと出会って成長していく姿を楽しみにしています。がんばってね」と橋本に語りかけた。

イベント終盤では、橋本の両親が橋本に宛てた手紙をMCが代読するというサプライズも。橋本は「こういうのって事前に教えてもらうものじゃないんですか!?」と驚きながらも、「この仕事を始めたいと私が言ったとき、両親はなんの反対もせず応援してくれました。『セーラー服と機関銃 -卒業-』の主演が決まったときもすごく喜んでくれていて。本当にありがたいなって思います。……あんまり(言うことが)思い浮かばない!」と感無量の様子だった。

関連する特集記事

「セーラー服と機関銃 -卒業-」北村匠海インタビューPR

映画ナタリーをフォロー