映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

橋本環奈が福岡へ凱旋、「セーラー服と機関銃」舞台挨拶で「どげんやった?」

68

「セーラー服と機関銃 -卒業-」凱旋舞台挨拶より、橋本環奈(右)と武田鉄矢(左)。

「セーラー服と機関銃 -卒業-」凱旋舞台挨拶より、橋本環奈(右)と武田鉄矢(左)。

セーラー服と機関銃 -卒業-」の先行上映会が2月14日、福岡のユナイテッド・シネマ キャナルシティ13で開催され、福岡出身であるキャストの橋本環奈武田鉄矢による博多弁での凱旋舞台挨拶が行われた。

上映後に会場へ現れた橋本と武田。橋本が「皆さま、この作品どげんやった?」と博多弁で問いかけると、会場からは大きな拍手が沸いた。武田もあわせて「若い人と仕事すると面白いとですよ」と一言。続けて「私の人生は、新星や時代の先頭を走るアイドルの伴走者としての出会いが多いとです。橋本さんは単にアイドルとしてだけではなく、これからアクトレスになる人だと思っています」と橋本を讃えた。

撮影中、武田の盛り込むアドリブに驚いたという橋本は、「改めて映画を観ると、それが1つのアクセントになってるんです。メダカカフェのシーンもけっこうアドリブが多いんです。アドリブには返したいって気持ちがあって。いつカットがかかるかわからない中で演技するのが楽しかったです」と笑顔で語る。武田は橋本の演技について「僕が共演してきたアイドルとはケタが違いますね。今までの子が1だとすると、環奈さんは100のケタです」と大絶賛。さらに「環奈さんの出来いかんで映画の良し悪しが決まるということで、責任を負わされてつらかっただろうと思う。だけど、それだけ期待されているということなんですよね」と役者の先輩として橋本をねぎらった。橋本も「福岡の大先輩と一緒に演技ができてうれしかったです。休憩中もアドバイスをいただきました。機関銃のシーンは、大事なシーンということで現場の空気が張りつめてて。私も緊張していたんですが、武田さんに『主演なんだから何回でもやっちゃいなよ』と言われて、気持ちが楽になりました」と撮影を振り返り、武田に感謝を述べた。

ここで橋本から武田へ、バレンタインデーにちなんだサプライズプレゼントが。「武田しぇんしぇいに福岡といえば! 名物の明太子のチョコをプレゼントしたいと思います」と橋本が笑顔で手渡すと、武田は照れながらも「ありがとうございます」と喜びを表した。

最後に橋本が「私にとって生まれ育った福岡。撮影後に帰ってきたとき、皆さんが温かく迎えてくれて、故郷だなと改めて感じました。そんな故郷でこうして映画を披露できたことをうれしく思っています。いよいよ来月から公開なので、皆さん応援よろしくお願いいたします」とメッセージを残し、舞台挨拶は終了した。

「セーラー服と機関銃 -卒業-」は3月5日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー