映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

綾瀬はるかコマネチ連発!東スポ映画大賞でたけしは是枝裕和に監督賞譲る

282

東京スポーツ映画大賞授賞式の様子。左から長澤まさみ、ビートたけし、是枝裕和、綾瀬はるか、広瀬すず。

東京スポーツ映画大賞授賞式の様子。左から長澤まさみ、ビートたけし、是枝裕和、綾瀬はるか、広瀬すず。

昨日2月28日に、東京・東京プリンスホテルにて第25回東京スポーツ映画大賞の授賞式が開催された。

東京スポーツ映画大賞は、全国各地の映画祭でのノミネート審査を経て、審査委員長のビートたけしが各賞を決定するもの。授賞式司会のガダルカナル・タカによってその趣旨が説明されると、たけしは「私が独断と偏見によって決めているみたいな言い方をしていましたが、とんでもないです。全部その通りです!」と断言してみせる。

まずは外国作品賞「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が表彰されたあと、助演男優賞として北野武監督作「龍三と七人の子分たち」のメインキャストである近藤正臣中尾彬品川徹樋浦勉伊藤幸純吉澤健小野寺昭安田顕が登壇。平均年齢の高いその顔ぶれを見たたけしは「何がうれしいって、この表彰式まで1人も欠けていないこと!」と感激する。また受賞の感想を求められた中尾は「北野監督の映画は3本目なんですが、全部殺されてるんだよ俺は! 次は助けてくださいよ」とたけしに懇願し、笑いを起こした。

そして新人賞は、是枝裕和監督作「海街diary」より広瀬すずが受賞。たけしは「少し前は大竹しのぶ桃井かおり樋口可南子みたいなクセのある演技がブームになった。たしかにああいう演技も素晴らしいけど、それに影響されず自分なりの芝居を作り上げてほしい」と激励した。

監督賞に選ばれたのは「龍三と七人の子分たち」の北野で、なんとたけしが自らを表彰する形に。東京スポーツ新聞社の代理者によって表彰状が読み上げられると、たけしは「このような素晴らしい賞をいただき……」とかしこまったスピーチを始めて笑いを誘った。そして「変な話、僕の作品は外国に売れるんです。でもこの作品だけは売れない。英語やフランス語に翻訳しても面白さがわからないんですよ。日本人のためのお笑い映画なんです」とコメントした。

続いての助演女優賞の表彰では、「海街diary」より長澤まさみが登壇。ここでようやくたけしが「なんか、是枝さんと俺の作品ばっかりだな」と気付いた様子で、「お互いに監督を交換してやってみるっていうのはどう?」とアイデアを出す。長澤に関しては「新人でもないしベテランでもない、女優として一番悩んでる時期じゃないかな? 今回は監督がそんな長澤さんにちょうどいい役を与えたと思う。やっぱり俺はこういう映画は撮れないなあ」と話す。ガダルカナルから「いつかは長澤さん主演で撮ってくださいよ!」と声をかけられると、たけしは「……アダルトビデオ撮ってみたいな」とつぶやき爆笑を起こした。そんな長澤は「いつか是枝監督ともまた一緒にやりたいし、たけしさんの作品にも出られるよう日々精進していきたい」と目標を述べる。

そして主演男優賞を受賞した「龍三と七人の子分たち」の藤竜也がステージへ。藤は「最初はこんなジジイばっかり集めてお客さんが入るのかなって思ったんです。ところが、普段は僕の映画を観ることなんかない方たちもこの作品を観てくださって、『ああ、映画俳優やってよかったな』と思いました。監督、ありがとうございます」と感謝を表した。

作品賞も「龍三と七人の子分たち」が受賞したあとは、第16回ビートたけしのエンターテインメント賞の表彰式が行われた。その後、スケジュールの都合で最後となった主演女優賞の表彰で、「海街diary」の綾瀬はるかが壇上に上がる。綾瀬は「これからも観ている方の心に留まる演技ができるように努めていきたいと思っています」という真面目な挨拶のあと、突如「コマネチ! コマネチ!」とギャグを披露。これに会場は爆笑し、たけしも「大丈夫ですか!?」と驚きを隠せない様子だった。

綾瀬、長澤、広瀬がそろっての写真撮影の際には、会場に来ていた是枝もステージへ上がることに。するとたけしが突然「監督賞、是枝くんに譲ろうかなあ?」と思い付く。かつて柔道選手の篠原信一が金メダルを逃したとされる誤審疑惑を例に挙げて「もし俺があそこで金メダル獲ってたら、表彰式のときに篠原選手に金メダルかけてたと思うよ」と話し、監督賞は急遽是枝に贈られることとなる。突然の出来事に是枝は「できればここの名前を変えずに、“北野武”と書かれたままいただきたい」と頼み込み、たけしから「明日ネットオークションに出すのはやめてくださいね!」と注意が。そして是枝は改めて「いつもこの映画賞はほかと違って、たけしさんが笑いと毒舌に包んだ映画への深い理解と愛を示してくれるので、映画に関わる人間の1人として背筋が伸びる。たけしさんの背中を追いかけてがんばります」とコメントした。

最後にたけしは、自身の出演作「女が眠る時」がベルリン国際映画祭で評価されたことに触れ「今はそういうアート的な映画が難しくて、『こういう映画だ』ってはなからわかっている作品を撮る時代。以前は、映画のあとにコーヒーショップに行ってその作品に対する評価を語り合ってデートが完成する、みたいな時代が続いていたはず。人によって解釈が異なる映画がもっと出るべきであるし、もう1回そういう時代が来ればいいなと思っている」と熱弁。そして「東京スポーツ映画大賞は私の独断と偏見でやっていますが、一応それなりに考えた映画賞にしたいと思っております」と授賞式を締めくくった。

映画ナタリーをフォロー