映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ビートたけしが選ぶ東スポ映画大賞、助演賞の綾野剛&菅田将暉が「いつかW主演を」

1756

左から綾野剛、ビートたけし、菅田将暉。

左から綾野剛、ビートたけし、菅田将暉。

第26回東京スポーツ映画大賞の授賞式が2月26日に東京・グランドプリンスホテル高輪で開催された。

東京スポーツ映画大賞は、全国各地の映画祭でのノミネート審査を経て、審査委員長のビートたけしが各賞を決定するもの。北野武としての監督作「アウトレイジ 最終章」と、出演作「ゴースト・イン・ザ・シェル」の公開を控えるたけしは「今年は私の映画が2本封切られるのですが、残念ながら東スポ映画大賞には間に合いませんで……。間に合ったら全部の賞を獲ってしまおうと思ったんですけど(笑)」と挨拶。さらに「結果は偏っておりますが、正直な映画祭でございます。ここで表彰された作品は、ある意味本当に価値がある」と言ったうえで、他の映画祭を痛烈に批判して笑いを誘う。

湯を沸かすほどの熱い愛」で新人賞に輝いた杉咲花への表彰の際、たけしは「このたびは『湯を沸かすほどの熱い風呂』で……」とボケて、司会のガダルカナル・タカから「風呂はもう沸いちゃってますよ!」とツッコミが。杉咲は「お母ちゃん役の宮沢りえさんには今でもお世話になっていて、昨日も舞台を観に行きました。この映画のような、血のつながりを超えた関係を実感しています。お母ちゃんの娘になれて幸せだなと思います」とコメントした。

怒り」で助演女優賞に選ばれた広瀬すずは、昨年度の新人賞に続き2年連続受賞となった。スケジュールの都合で式を欠席した広瀬は、ビデオメッセージで「たけしさん、去年は新人賞、今年は助演女優賞を贈っていただきありがとうございます。自分にとっていろいろな闘いのある映画だったので、こうして観てくださったことがうれしいです。またどこかでお会いできるよう、がんばっていきたいです」と話す。しかしたけしは、代わりに登壇した広瀬のマネージャーに対して「若い女優のマネージャーって大変でしょ? だいたいバンドマンに手を付けられるし……」と爆弾発言をして爆笑を起こした。

助演男優賞は、「怒り」の綾野剛と「ディストラクション・ベイビーズ」ほかに出演した菅田将暉に与えられた。綾野は「弟みたいに思っている菅田くんとダブルで受賞できたことがうれしい。次は菅田くんとダブル主演をして、またたけしさんに選んでいただき、この場所に戻ってくることを目標にしたい」と述べる。菅田は「大好きなお芝居の仕事をすることで、賞をいただけてうれしいです。さらに面白い作品を作っていけたらと思っています」と話した。

作品賞には片渕須直が監督、のんが主演を務めた劇場アニメ「この世界の片隅に」が選ばれ、たけしは「勝てねえな、アニメには」と一言。「(2016年は)当たったアニメがいっぱいあるよね。圧倒的に差を付けられた我々(実写作品の)監督や役者も考え直さないと。今は低予算でがんばってるけど、もう1回バジェットのある実写映画を撮るために、こういう(アニメ)映画を観て何がいいのか、どこで負けてるのかを考えてほしい」と真面目に語った。

主演男優賞受賞を果たした三浦友和は、北海道で新作を撮影中だったにもかかわらず「東スポ映画賞は芸能人に対する愛情が深いので、絶対に来ないといけないと思った」と言って会場に駆け付けた。本作での彼の演技について、たけしが「俺の影響、あると思う。当時あの美青年だった三浦さんを、『アウトレイジ』で本当に悪い役にした。それがあってのこの映画(『葛城事件』)ですから」と自信満々に言うと、三浦も「おっしゃる通りです」と返した。

そして最後に主演女優賞の宮沢りえが登壇。たけしに「かつてのかわいいアイドルから、段階を踏んで大女優への道を歩んでる。これが頂点ではなく、まだ先があるのでがんばっていただきたい」と言われた宮沢は、「歳を重ねることで得るものを大事にしながら、ずっと未完成のまま、がんばりたいです」と意気込んだ。

そのほかの受賞結果は下記の通り。

第26回東京スポーツ映画大賞

作品賞

この世界の片隅に

監督賞

庵野秀明樋口真嗣シン・ゴジラ

主演男優賞

三浦友和葛城事件

主演女優賞

宮沢りえ湯を沸かすほどの熱い愛

助演男優賞

綾野剛怒り
菅田将暉ディストラクション・ベイビーズ」ほか

助演女優賞

広瀬すず「怒り」

新人賞

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」

外国作品賞

ハドソン川の奇跡

特別功労賞

神山繁

映画ナタリーをフォロー