映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

池松壮亮×寺島しのぶ×三浦大輔のR指定ドラマ「裏切りの街」予告、主題歌に銀杏BOYZ

568

「裏切りの街」

「裏切りの街」

dTVにて2月1日より独占配信されるR-15指定ドラマ「裏切りの街」の予告編が、特設サイトおよびYouTubeにて公開された。

「裏切りの街」は、演劇ユニット・ポツドールの主宰であり「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」などの監督作を持つ三浦大輔がメガホンを取った官能ドラマ。三浦が作・演出を手がけた2010年の舞台をもとに、フリーターの青年と15歳年上の専業主婦が密会を重ねていくさまを描く。恋人と同棲しているフリーターの菅原を池松壮亮、平凡な日常を送っていた主婦の智子を寺島しのぶが演じる。その他キャストには中村映里子落合モトキ駒木根隆介平田満佐藤仁美が名を連ねている。

池松が寺島の唇を奪う場面から始まる予告編には、2人の出会いやベッドシーンなどを収録。その後、「私、子供ができちゃって」という寺島の告白とともに、原作舞台に引き続き本作でも主題歌として使用されることになった銀杏BOYZの「ピンクローター」が流れ出し、家庭が崩壊していくさまが切り取られていく。なお三浦は「原作では『ピンクローター』ありきで物語を拡げていったので、他の曲は映像化に於いても考えられなかったです。『ピンクローター』を書いてくれたから、この物語があると思っています」と語っており、同曲に対する思い入れの強さをのぞかせた。

映画ナタリーをフォロー