映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

湯浅政明のアヌシー映画祭出品作「アドベンチャー・タイム」、日本でも7月に放送

245

「アドベンチャー・タイム『フードチェーン』」Courtesy Cartoon Network

「アドベンチャー・タイム『フードチェーン』」Courtesy Cartoon Network

マインド・ゲーム」や「クレヨンしんちゃん」シリーズ、テレビアニメ「ピンポン」を手がけた湯浅政明の監督作が、現地時間6月15日から20日までフランスで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭のテレビ部門に出品された。

今回上映されたのは、アメリカのテレビアニメ「アドベンチャー・タイム」で湯浅が担当したエピソード「フードチェーン」。食物連鎖をテーマにした同エピソードは、第42回アニー賞でもテレビ部門の監督賞にノミネートを果たしている。アヌシーへの参加は、クラウドファンディングで資金を集めた短編「Kick -Heart」以来となる湯浅。「日本にいるだけでは見えてこない、いろんなやり方があるんだなということが、アヌシーに来るとよくわかる」と語っており、世界各国のアニメーション作家が集う地で、大いに刺激を受けたようだ。

「アドベンチャー・タイム」は、ヒーローを目指す少年と相棒の犬が冒険を繰り広げるナンセンスコメディ。「her/世界でひとつの彼女」の劇中ゲームデザインを担当したデヴィッド・オライリーなど、気鋭の作家を積極的にエピソード監督として起用している。日本でもカートゥーン ネットワークほかで放送中で、湯浅の監督作「フードチェーン」は7月11日(土)にオンエアを予定している。

映画ナタリーをフォロー