「森田芳光70祭(ななじゅっさい)」ロゴ

レジェンドの横顔 第4回 [バックナンバー]

森田芳光が愛したもの 三沢和子×宇多丸 対談 前編

映画監督からラッパーに受け継がれた腕時計

9

173

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 79 68
  • 26 シェア

2011年、61歳で急逝した映画監督の森田芳光。その功績に改めて光を当てるプロジェクト「森田芳光70祭(ななじゅっさい)」が展開されている。森田の妻である映画プロデューサー・三沢和子とファン代表の宇多丸(RHYMESTER)が2018年に東京・新文芸坐で行った対談を収めた書籍「森田芳光全映画」が、2021年9月に刊行。また、森田のフィルモグラフィをほぼ網羅したBlu-ray BOX「森田芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)」も12月に発売される。

このたび映画ナタリーでは三沢と宇多丸の対談をセッティング。愛用の品々にまつわるエピソードなどから天才・森田芳光の素顔を語ってもらった。前編には三沢が宇多丸に贈った森田の腕時計のほか、8mmフィルム、編集機、アングルファインダーが登場する。

取材・/ 平野彰 撮影 / 小原泰広

森田監督の時計を譲っていただくところに来るなんて(宇多丸)

──今回「森田芳光が愛したもの」というテーマのもと、森田芳光監督の私物を奥様である三沢和子さんにご持参いただきました。そして宇多丸さんには、三沢さんからプレゼントされたという森田監督愛用の腕時計をお持ちいただいています。宇多丸さんにこの腕時計をプレゼントされた理由を教えていただけますか?

三沢和子 森田と近いスタッフの方たちにも、一周忌の際にいろいろなものを差し上げたのですけど、この時計は誰かにあげられなかったんです。あまりに毎日森田が着けていたので、一番大事な人にあげたいと思っていたのですが、その相手を選べないまま10年経ってしまって。そんな中、3年前の新文芸坐での上映会や、今回の「森田芳光全映画」や、Blu-ray BOXのことで宇多丸さんには大変お世話になって。宇多丸さんとお会いしていなければ、こんなに森田が再注目されることはなかったと思うんですね。なので「この腕時計を差し上げるのは宇多丸さんだな」と。お似合いになりそうだったし。森田本人には似合わなくて、なんだか腕が重そうだったんですよ(笑)。

左から宇多丸、三沢和子。

左から宇多丸、三沢和子。

──確かに宇多丸さんの腕にばっちりハマってますね。

宇多丸 サイズも、なんのアジャストもしなくてもぴったりで。

──ちなみに森田監督はこの腕時計をいつ頃買われたんでしょうか?

三沢 すごくこういう腕時計が流行ったときがあって。2000年代だと思いますよ。少なくともその後半の5、6年はずっと着けていました。

──宇多丸さんはこの腕時計をいただいたとき、どのように思われましたか。

宇多丸 いいんですか?っていう。やっぱり時計って“受け継ぐもの”というニュアンスも強いし、恐縮で。僕なんかでいいのかという感じでした。もちろんうれしいし光栄ではあるんですけど。いただいた帰り、車の中で、マネージャーと「こんなところまで俺は来てしまった」みたいな話をしましたね。

三沢 (笑)

宇多丸 森田監督の時計を譲っていただくところに来るなんて、想像もしていなかったことですから。「あれ? なんでこんなことになってんだっけ?」みたいな。とんでもないところまで来てしまったというか、すごく責任も感じました。その一方で、ありがたいし、普通にかっこいい時計だから「やった」っていう気持ちもあります(笑)。さっきも、「アフター6ジャンクション」の月曜パートナーの熊崎風斗くんがずっと「かっこいいですねー」って。監督もそうなんでしょうけど、これは特に男の子心をくすぐるデザインだと思いますよ。

三沢 そうですよね、買ったときにみんな大騒ぎしてましたから。何十万円もするものじゃないんですよ。なのにたくさんの男子に「監督、なんですか、それ」って聞かれて、すごく自慢してたので。

宇多丸 ごついのもいいし、竜頭が斜めの位置にあるのもいいですね。説明書もネットで調べて、時刻もきっちり合わせて大事に使ってます。外見もきれいで、機能もまったく問題なくて時間も正確です。

森田芳光から宇多丸に受け継がれた腕時計。

森田芳光から宇多丸に受け継がれた腕時計。

三沢 森田も「三沢、あげるべき人をちゃんと選んだな」と思っています、間違いなく。

宇多丸 いやいやいや……。ほかにいろんな方がいらっしゃるのに、本当にすいませんという。

三沢 いや、全員納得だと思いますよ。ほかの誰かに聞いても「僕ではないでしょ」ってみんな言うと思います。

──実は僕自身、宇多丸さんの活動や「森田芳光全映画」から森田監督の映画の価値を改めて見直し、新しいファンになったというところがあります。おそらく同じような人は多いと思うので、そういう意味でこの腕時計はやはり宇多丸さんのところに行くべきだったのかと。

宇多丸 うれしい限りです。でも僕も、もともとファンでしたしよく知っているつもりでしたけど、全作品をスクリーンで観直し、「森田芳光全映画」を作った結果、改めてちゃんとファンになったというか、初めて真の理解のとば口に立ったと思っています。「これはどうなんだ?」と感じていたところの意味とか必然性を知ったり。たぶんみんなね、同じプロセスを踏んでファンになる、というか「面白い!」となるんですよ。森田さんは映画も面白いしご本人の物語も面白い。

「森田芳光全映画」(リトルモア刊)書影

「森田芳光全映画」(リトルモア刊)書影

森田芳光全映画

三沢和子,宇多丸編著「森田芳光全映画」
Amazon.co.jp

森田が今いたらiPhoneで好き勝手にやっている(三沢)

──なるほど。今回、三沢さんにはいろいろお持ちいただいたのですが、まず8mmカメラと編集機です。

宇多丸 (編集機を眺めて)スプライサーですね。僕も高校のときに1回だけやっています。

上から時計回りにアングルファインダー、8mmカメラ、8mmフィルム編集機(スプライサー)。

上から時計回りにアングルファインダー、8mmカメラ、8mmフィルム編集機(スプライサー)。

──8mmフィルムで作品を撮っていたということですか?

宇多丸 はい。

三沢 それ見せてください。

宇多丸 ダメです!

三沢 (笑)

宇多丸 本当に向いてない、っていう……。

──フィルムが残ってはいるわけですね。

宇多丸 実家に行けばありますけど。

三沢 うわあ、観たい。

宇多丸 いやいやいや。やろうとしていたことはそれこそ森田さんと近くて、ミュージックビデオの監督になりたかったんですよ。

三沢 できるんじゃない?

宇多丸 でもやっぱり映像はダメです。コントロールしなきゃいけないこと、思い通りにならないことが多すぎて、めげました。

宇多丸

宇多丸

──この8mmカメラで、1978年の「ライブイン茅ヶ崎」も撮ったわけですね。

宇多丸 えー、ヤバいな。

三沢 当時、カメラをすごく動かしていたんですよ、8mmだから。もうダンスを踊ってるみたいに。森田は「カメラワークのために体を鍛えないと」と言っていました。だからいきなり35mmになったとき、キャメラマンの方が撮るので実はそこに不自由さを感じる部分もあったんです。

三沢和子

三沢和子

宇多丸 だから「の・ようなもの」はオールフィックスで撮って。でもあれはやっぱり……。

三沢 逆によかったんです。

宇多丸 その頃の森田さんはたぶん、「ちょっと落ち着いてください」っていうか、そのくらいでちょうどよかったんじゃないかと(笑)。

三沢 (笑)

「の・ようなもの」 (c)1981N.E.W.S. CORPORATION

「の・ようなもの」 (c)1981N.E.W.S. CORPORATION

宇多丸 クリエイティブって、枷があったほうがよかったりもしますからね。

三沢 最初から森田の好きなふうにカメラワークをやっていたら、誰にもわからない映画になっちゃったかもしれない。

宇多丸 今はiPhoneで映画を撮れる時代ですから、100%好きなことができるでしょうけど。最初から枷がない状態なら、森田さんはどうしていたか。

三沢 森田が今いたらiPhoneで好き勝手にやっていたでしょうね。

宇多丸 絶対やってますよね。デジタル撮影も早い時期にやっている(「模倣犯」)し。

次のページ
プライベートでは「タリモ」と呼んでいた(三沢)

読者の反応

  • 9

あいう @ayiuayiu

https://t.co/47sXiSQBcV

コメントを読む(9件)

関連記事

森田芳光のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ライブイン茅ヶ崎 / の・ようなもの / 模倣犯 / 森田芳光 / RHYMESTER の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。