ステージナタリー

「裏切りの街」ドラマ版に出演の寺島しのぶ、相手役・池松壮亮を絶賛

37

「裏切りの街」より。左から寺島しのぶ、池松壮亮。

「裏切りの街」より。左から寺島しのぶ、池松壮亮。

三浦大輔が2010年に作・演出を手がけた舞台「裏切りの街」が、本人監督のもとオリジナルドラマ化。2月1日より動画・映像配信サービスの「dTV」にて配信中だ。無気力なフリーターの菅原と貞淑な専業主婦・智子による、密会の日々を描いた濃密なドラマとなっている。ドラマ版で智子役を演じている寺島しのぶから、ステージナタリーにコメントが届いた。

寺島は、智子のキャラクターについて「私は人に流されて生きてこなかった人間なので、正直彼女の生き方にあまり共感はできませんでした」と告白。「でも実際にこういう人はいると思います。自分とは違うけど、なんとなく生きている人は、周りに結構いたりするので。そういった方をイメージして“智子”を演じていました」と言う。

15歳年下の愛人役を演じた池松壮亮については「『菅原ってこういう人なんだ』と本当に思わせてくれるのが、共演している身として本当にありがたかったです。池松さんならどんな役を演じても、『こういう人いるな』というリアリティを感じさせてくれる。若いのに演技の核を掴んでいるところが素晴らしく、役者として常に演じきっていますよね」と絶賛。さらに「私は今でこそいろいろ演じてみたいと思えるけど、若いときはそんなふうに思えなかった。『どんな役でもやる』みたいな腹のくくり方を、あの年にしてできるのがすごいと思います。しかも、私の演技を受け入れた上で、的確な球を返すところが職人級ですよね。『器用』というよりは『確実』といった感じ。熱がなさそうに見えても、内に秘めている熱がきちんと伝わってくるから、私もそれを理解して演じられます。こういう演技を久々にできたのが、すごくうれしかったです」と、共演に対する満足感を語った。

dTV「裏切りの街」

2016年2月1日(月)~
全6話 一挙配信(総尺:140分) 4K配信対応 ※R15作品

監督・脚本:三浦大輔
主題歌:「ピンクローター」銀杏BOYZ 
出演:池松壮亮、寺島しのぶ、平田満、中村映里子、落合モトキ、佐藤仁美

ステージナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】