音楽ナタリー

コトリンゴ初のカバー集でパーフリ、YMO、斉藤由貴に挑戦

60

コトリンゴが初のカバーアルバム「picnic album 1」を9月22日にリリースすることが決定した。

アルバムにはフリッパーズ・ギター「恋とマシンガン」をはじめ、スピッツクラムボン、斉藤由貴、ザ・フォーク・クルセダーズ、YMO、EPO松任谷由実といった邦楽アーティストのカバーを収録。「恋とマシンガン」でリズムトラックを担当している三浦康嗣(□□□)のほか、ASA-CHANG高野寛、権藤知彦(pupa, anonymass)、村田シゲ(□□□)、神谷洵平、徳澤青弦がゲストミュージシャンとして参加している。さまざまな時代の人気曲が、コトリンゴの歌声でどのように生まれ変わっているのか興味深いところだ。

また、コトリンゴは12月18日より全国公開予定の映画「くまのがっこう~ジャッキーとケイティ」の主題歌、劇伴、語りを担当。この映画は累計150万部を突破した絵本「くまのがっこう」をアニメーション化したもの。主題歌「falalafala」と劇伴は書き下ろしで、さらに登場キャラクター・ジャッキーの声を担当した松浦愛弓とのユニット「ジャッキーとコトリンゴ」としてイメージソング「くまのこジャッキーのうた」も歌っている。

コトリンゴ「picnic album 1」収録曲

01. 恋とマシンガン(Young, Alive in Love)[フリッパーズ・ギター]
02. 渚[スピッツ]
03. シカゴ[クラムボン]
04. AXIA~かなしいことり~[斉藤由貴]
05. 悲しくてやりきれない[ザ・フォーク・クルセダーズ]
06. 以心電信[YMO]
07. う・ふ・ふ・ふ[EPO]
08. ノーサイド[松任谷由実]
※[]内はオリジナルアーティスト

音楽ナタリーをフォロー