音楽ナタリー

みみめめMIMI、赤坂BLITZで“みんなのヒロイン”に

215

みみめめMIMI「きみのヒロイン」の様子。(撮影:西原史顕)

みみめめMIMI「きみのヒロイン」の様子。(撮影:西原史顕)

みみめめMIMIが12月3日に東京・赤坂BLITZにてワンマンライブ「きみのヒロイン」を開催した。

10月にリリースした2ndアルバム「きみのヒロインになりたくて」のレコ発ライブとして行われたこの公演は、みみめめMIMIにとって初のバンド編成のステージに。女性メンバーで構成されたバンドが「白い鳥」を奏で始めると同時に、ステージに作られた白いオブジェにイラストが投影されライブの幕開けを告げる。曲の終盤でオブジェが左右に開くと、中央にタカオユキ(Vo)の姿が。彼女は「楽しんでいきましょう!」とみみめめメイト(みみめめMIMIファンの呼称)に呼びかけると「晴レ晴レファンファーレ」をはつらつとした声で歌い上げていく。間奏ではギタリストの肩を抱いたり、ベーシストと背中合わせになり体を揺らしたり、バンド編成でのパフォーマンスを満喫している様子。「今日はみんなのヒロインになれるようにかんばりますので、最後の最後まで楽しんでいってください」と語ると、キャンディーの映像をバックに今度はキュートな声で「CANDY MAGIC」を披露する。フロアは観客が手にするペンライトでカラフルに彩られ、鮮やかな景色が広がった。

タカオユキはその後は、デビュー曲「センチメンタルラブ」や「きみのヒロインになりたくて」の収録曲など新旧のナンバーを織り交ぜながらパフォーマンスを展開。中盤に差し掛かると「1メートル」や「たからもの」といったゆったりとしたテンポのラブソングを歌い、切なく大人っぽい表情を見せた。しかし、本編の折り返し地点で披露された「瞬間リアリティ」からモードを一転。コール&レスポンスを行って一体感を高め、幕間に「晴レ晴レファンファーレ」がオープニングを飾るアニメ「甘々と稲妻」のレシピブック「甘々と稲妻 つむぎと作るおうちごはん」をもとに危なげなくビーフシチューを作る映像を上映してオーディエンスを楽しませる。さらに「お腹空いた人! 私のお弁当食べたい人!」という言葉から続いた「O.B.E.N.T.O」では、自身が作ってきた独創的なお弁当写真を上映しながらエネルギッシュに歌唱。その勢いに乗って「相対性レプリカ」「1,2,少女」「天手古舞」とテンポの速いハイテンションなナンバーを連発し、会場の熱狂を煽っていく。そしてひと足早いバレンタイン気分を「チョコレート革命」で届けたのち、みみめめメイトとの絆を歌った「1/2ぶんこ」で本編を締めくくった。

タカオユキがピコ太郎を思わせる“ピピペペピピ”に扮し、ヒット曲「ペンパイナッポーアッポーペン」のリズムに乗せてグッズ紹介をしたあと本格的にアンコールへ。まずは、バンドメンバーも巻き込みコール&レスポンスを繰り広げながら「チャチャチャ」をパフォーマンスして、ハッピーな空気を作り出した。MCでタカオユキは「新曲をたくさん出させていただいて、すごい皆さんに会える1年だったなと思います」と2016年を振り返り、「きみのヒロインになりたくて」という作品に込めた思いを吐露。「今日、(私は)皆さんのヒロインに少しでもなれましたか? 私はみんなのヒロインになりたくてこうやって歌えてます。みみめめMIMIを見つけてくれてありがとう」と感謝の思いを口にし、青い鳥を模した紙吹雪と白い羽をが舞う中で「青い鳥」を熱演した。

最後にタカオユキはデビューから2年間、決して順風満帆ではなかったこと、自分がこの世界に向いていないと自信を失う中で、相棒のちゃもーいやスタッフ、ファンの存在が自分を支えていたことを明かす。彼女が「これからもみみめめMIMIの音楽を愛してくれたらうれしいです。来年もよろしくお願いします!」と挨拶をすると、この日一番の拍手が会場に響いた。なお終演後には3月3日に東京・原宿アストロホールで企画イベント「視聴覚アカデミー Vol.5」が開催されることが発表され、ファンは歓喜の声を上げていた。

みみめめMIMI「きみのヒロイン」
2016年12月3日 赤坂BLITZ セットリスト

01. 白い鳥
02. 晴レ晴レファンファーレ
03. CANDY MAGIC
04. センチメンタルラブ
05. 兎ナミダ
06. 1メートル
07. たからもの
08. 蝶~Butterfly~
09. 瞬間リアリティ
10. O.B.E.N.T.O
11. 相対性レプリカ
12. サヨナラ嘘ツキ
13. 1,2,少女
14. 天手古舞
15. チョコレート革命
16. 1/2ぶんこ
<アンコール>
17. チャチャチャ
18. 青い鳥~白い鳥

視聴覚アカデミー Vol.5

2017年3月3日(金)東京都 原宿アストロホール

音楽ナタリーをフォロー