音楽ナタリー

乃木坂46、睡眠研究プロジェクトに参加「プルプルなお肌に!」

890

乃木坂46

乃木坂46

乃木坂46と寝具メーカー・エアウィーヴのコラボプロジェクト「エアウィーヴ×乃木坂46、アクティブ女子『“美容”睡眠研究プロジェクト』」が始動。本日2月25日に東京・原宿クエストホールにて記者発表会が行われ、乃木坂46から生田絵梨花、伊藤万理華、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、若月佑美が登壇した。

このプロジェクトは「エアウィーヴの睡眠がアクティブ女子の“美”を創る」をテーマに、乃木坂46メンバーのほかキャビンアテンダントや看護師、美容師など生活リズムの不規則な職業に就く女性76名で、エアウィーヴの効果を検証をしていくというもの。対象の76名は本日より2カ月間エアウィーヴの寝具を使用して生活し、体力や肌質などへの影響が計測される。

本日の記者発表会にはエアウィーヴの代表取締役会長・高岡本州氏、代表取締役社長・松田孝裕氏、医学博士の千葉伸太郎氏、資生堂の片桐千華氏、“アクティブ女子”代表として乃木坂46メンバー、キャビンアテンダントの上松可奈子さん(日本航空)、美容師の佐野文愛さん(カキモトアームズ)と原賀まみさん(アルティファータ)が登場した。最初に生田が「1年前から一番欲しいものは『極上のベッド』と言っていたので今回のプロジェクトに関われてうれしいです!」と破顔する。睡眠時間について聞かれると、若月が「4~5時間と移動中」と回答したり、桜井が「5時間は絶対に確保したいので帰ってから急いで布団に入ります」と答えたりと、多忙のため満足な睡眠時間が取れていないことを明かしていく。加えて「クラシックの音楽をかけて眠る」(生田)、「ストレッチをして体をすっきりさせてから眠る」(伊藤)など、上質な睡眠を取るために努力していることを語っていった。また理想の睡眠を聞かれると西野が「9時に寝て5時に起きる。早く起きて散歩したいなあ」と答えた。

さらに彼女たちはエアウィーヴを使用した2カ月後にどうなっていたいかをフリップに書いて説明。「身体のコリの解消」と書いた伊藤は「今は首、肩、腰と全部が凝っているのでなくなっているといいな」と理想を語る。「睡眠の質を改善して美肌になりたい」と書いた白石は「寝つきが悪いので、寝つきをよくしてプルプルのお肌を手に入れたいです」と補足した。また「仕事をしている夢をよく見る」という桜井は「時間より質!!」と掲げる。そのほか生田は「アラーム音一発で起きられるように」、西野は「早寝早起き」、若月は「身体を軽く!!」を目標として記入していた。

最後にエアウィーヴの寝具を体験した彼女たち。ベッドに腰かけた若月が「軽い! 座っているというより浮いてる感じ!」と声を上げるなど、思い思いに触りごこちに感激した様子を見せる。また高岡会長から、エアウィーヴでは特に寝返り時の楽さを追求していると解説されると、メンバーは熱心に話を聞いていた。

会見後には囲み取材が行われた。改めて自身の睡眠を振り返り、生田は桜井の夢の話を受けて「追われる夢ばっかり見ることを思い出しました。エアウィーヴを使って寝心地のいい夢を見るようになれば」と期待に胸をふくらませる。またグループ内での睡眠状況の話になると、若月が握手会や撮影現場には常に仮眠を取れるように布団が用意されていることを明かし、「それが近々エアウィーヴになったらと期待しています」と語った。また話題は4月6日にCDデビューを果たす欅坂46へ。桜井が「ライバルっていうよりも、ずっと憧れてもらえる存在でいたい」と妹分への思いを明かし、「イベントなどで競演する機会があるので交流を深めていけたら」とコメントした。最後に白石が今回のプロジェクトについて「全員が睡眠を改善して、今後のお仕事につなげていきたい」と意気込み、会見を締めくくった。

※記事初出時、アーティスト発言に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー