音楽ナタリー

スガシカオ新作「THE LAST」村上春樹によるライナーノーツ掲載

8195

スガシカオ

スガシカオ

スガシカオが1月20日にリリースする約6年ぶりのオリジナルアルバム「THE LAST」のブックレットに作家・村上春樹がライナーノーツを寄稿している。

スガはかねてより村上の小説のファンであることを公言しており、対する村上も2005年刊行の音楽をテーマにしたエッセイ集「意味がなければスイングはない」で、スガの歌詞について「かなり特徴的な『文体』である」「微妙なごつごつさや細かいツノの立ち具合、エラの張り具合が、なんといってもこの人の歌詞の持ち味なのだ」と評価。さらに長編小説「アフターダーク」の中にはスガの楽曲「バクダン・ジュース」を登場させている。今回スガからオファーを受けた村上は、「『うまく呑み込めない気持ちのカタマリのように』スガ シカオの新しいアルバムのためのライナーノート」と題し、スガの音楽への思いやニューアルバム収録曲の解説などを約3000字にわたり寄稿した。なお村上が日本人アーティストの作品にライナーノーツを寄せるのは今回が初めてとなる。

アルバムの特設サイトでは、本日1月15日に「THE LAST」の全収録曲を試聴できる動画と歌詞が公開された。さらにGYAO!では収録曲「真夜中の虹」「あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ」のミュージックビデオのフルバージョンを観ることができる。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
スガシカオ「THE LAST」特集

音楽ナタリーをフォロー