音楽ナタリー

9000人来場のアニメ紅白、ももクロ「ようかい体操」コラボ披露も

588

「ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO2015 ミュ~コミ+プラス プレゼンツ アニメ紅白歌合戦vol.4」出演者の集合写真。

「ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO2015 ミュ~コミ+プラス プレゼンツ アニメ紅白歌合戦vol.4」出演者の集合写真。

昨日1月25日に東京・国立代々木競技場第一体育館にてライブイベント「ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO2015 ミュ~コミ+プラス プレゼンツ アニメ紅白歌合戦vol.4」が開催された。

「アニメ紅白歌合戦」は自他ともに認める“アニメおたく”の吉田尚記ニッポン放送アナウンサーがパーソナリティを務める「ミュ~コミ+プラス」から派生したイベントで、約9000人の観客を前に「アニメ」を軸にした幅広いジャンルの出演者が紅組、白組に分かれ対決。司会は紅組をスフィア、白組を吉田尚記が務めた。

トップバッターを務めた紅組の雨宮天は自身が主演を務めたアニメ「一週間フレンズ。」のエンディングテーマ「奏」を披露。その後白組から石井マーク、SuG、紅組から田所あずさという「アニメ紅白歌合戦」初出場のアーティストが登場し、フレッシュなパフォーマンスで会場を盛り上げた。原田ひとみ、高垣彩陽はソーシャルゲーム「ガールフレンド(仮)」の登場キャラクターとして初歌唱。4回連続出場となる竹達彩奈はファンから募っていた「歌ってほしい曲」のリクエスト投票企画の結果をステージ上で発表し、1位に選ばれた坂本真綾「プラチナ」のカバーを歌い上げて観客を喜ばせた。

白組からはムックが初登場して熱いパフォーマンスを届け、紅組司会も務めたスフィアのステージでは、T.M.Revolution×水樹奈々「Preserved Roses」カバーが披露されるサプライズも飛び出した。イベントのラストを飾ったももいろクローバーZはインディーズ時代から歌っていたというm.o.v.e「words of the mind」を元m.o.v.eのメンバー・motsuとのコラボで披露。ももクロはさらにシークレットゲストとして登場したキング・クリームソーダとともに「妖怪ウォッチ」のテーマソングである「ゲラゲラポーのうた」「ようかい体操第一」を歌い踊った。審査の結果、紅組が勝利を飾り、イベントは大盛況のままに幕を下ろした。

なおこのイベントの模様は本日1月26日(月)~29日(木)の深夜24:00~25:00にニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」でオンエアされる。

ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」

2015年1月26日(月)~1月29日(木)24:00~25:00

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】