音楽ナタリー

the pillows、“近道なき”25年をライブで祝福

534

「the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY "DON'T FORGET TODAY!"」東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の様子。 (撮影:橋本塁)

「the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY "DON'T FORGET TODAY!"」東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の様子。 (撮影:橋本塁)

バンド結成25周年を迎えたthe pillowsが、昨日10月4日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにてライブイベント「the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY "DON'T FORGET TODAY!"」を開催した。

定刻を少し過ぎた頃、客電が落ちるとまずは会場内のスクリーンにメンバーそれぞれの幼少期からの写真や、バンドの歴代アーティスト写真で構成された映像が映し出される。映像が終わるとメンバー3人とサポートの鈴木淳(B)がステージに登場。バンドは「スケアクロウ」からライブをスタートさせた。続く「Midnight Down」で山中さわお(Vo, G)がギターを弾きながら軽快なステップを踏んでみせると、オーディエンスは拳を突き上げて演奏を楽しんだ。最初のMCで山中は、9月16日にバンド結成から25年を迎えたことを踏まえ「『今朝、目を覚ましたら25年経ってました』とアニバーサリーの決めゼリフを言いたかったけど、今日は10月4日です」と、記念日から2週間以上経っていることを茶化すコメントでオーディエンスの笑いを誘う。また5年前に開催した20周年の武道館ライブを振り返り「あのときはうっかり世の中に感謝してしまった」と語るなど、奔放なMCを展開して観客を盛り上げていった。

ライブ中盤に差し掛かるとバンドは「サリバンになりたい」「日々のうた」「About A Rock'n'Roll Band」など新旧織り交ぜた楽曲を次々と投下。「Funny Bunny」では、山中がマイクを離れてオーディエンスにサビを託し、フロアを見渡して「ありがとう!」とオフマイクで叫ぶ一幕もあった。その後展開されたMCでは各メンバーがひと言ずつコメントを述べることに。サポートの鈴木は「ベースも弾いちゃうBUSTERSです」と自らもピロウズファンの一員であるとアピール。佐藤シンイチロウ(Dr)は、先日シンバルのメーカー・Zildjianとモニター契約を交わした旨をファンに報告し、「25年と2週間くらいバンドやってるとご褒美があるんです」とうれしそうに語る。真鍋吉明(G)は「人生半分ピロウズです。最後まで楽しんで」とコメントし、オーディエンスを沸かせた。その後彼らの代表曲の1つ「ストレンジカメレオン」の演奏が始まるとすぐさま歓声が上がり、オーディエンスは手を挙げたり、体を揺らしたりしてバンドの繰り出す音に身を委ねた。

山中はこれまでのバンドの活動を振り返り「オレたちは近道をしなかっただけだ。生まれ変わったとしても、同じ道を歩んでみせる。それが俺たちの25年間でした」と堂々と語った。ライブの終盤には「連れてってくれ!」という山中のシャウトから「この世の果てまで」を、「Can you feel?」の呼びかけから「ハイブリッド レインボウ」をプレイし、山中は熱を込めたボーカルを会場に響かせる。本編最後の曲「No substance」ではカラフルな照明がステージを照らす中、会場中のオーディエンスがジャンプを繰り返す。演奏が終わると山中は「サンキュー、BUSTERS!」とファンに感謝を述べステージをあとにした。

鳴りやまないアンコールに応えてバンドメンバーとともに登場した山中は、ギターのチューニングをしながら「25年経ってもチューニングは遅いよなあ」と自嘲気味に語り、演奏を開始。バンドは「ハッピー・バースデー」「LITTLE BUSTERS」の2曲をオーディエンスにプレゼントした。「とっても思い出に残る2014年になりました。ありがとう」と改めて観客への感謝の気持ちを言葉にし、オーディエンスはこの日一番の拍手と歓声をバンドに浴びせた。さらにダブルアンコールで登場したバンドはMCを挟まず「Ready Steady Go!」をプレイ。「ありがとう! 楽しかったよ」と満足気に語った山中がステージを離れると、会場のスクリーンには新曲「ムーンダスト」のビデオクリップが映し出される。興奮冷めやらぬ観客たちはPVの上映が終わっても退場せず、バンドに惜しみない拍手を送ると、それに応えるかのように三たびピロウズの面々がステージに姿を現す。山中は「もうクタクタだよ。40代、50代にトリプルアンコールはキツイでしょう」と話しながらも、ラストナンバー「Advice」で熱量の高いパフォーマンスを見せつけ、最後までファンを熱狂させた。最後に山中は「もう速やかに帰ってくれ」とファンに呼びかけながらも笑顔で「ありがとう」と繰り返し、大団円のままバンドの25周年ライブは幕を閉じた。

the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY "DON'T FORGET TODAY!"
2014年10月4日 TOKYO DOME CITY HALL セットリスト

01. スケアクロウ
02. Midnight Down
03. I think I can 
04. HAPPY BIVOUAC
05. アナザーモーニング
06. バビロン 天使の詩
07. I know you
08. サリバンになりたい
09. RUSH
10. 日々のうた
11. 確かめに行こう
12. About A Rock'n'Roll Band
13. ターミナル・ヘヴンズ・ロック
14. ぼくは かけら
15. Funny Bunny
16. GOOD DREAMS
17. クオーター 莫逆の友
18. ストレンジカメレオン
19. TRIP DANCER
20. Please Mr. Lostman
21. この世の果てまで
22. ハイブリッド レインボウ
23. No substance
<アンコール>
24. ハッピー・バースデー
25. LITTLE BUSTERS
<ダブルアンコール>
26. Ready Steady Go!
<トリプルアンコール>
27. Advice

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】