音楽ナタリー

「ラップのことば」続編でKREVA、OMSB、AKLOら証言

240

日本語ラップ界を代表するアーティストのインタビュー集「ラップのことば2」が4月11日に発売される。

「ラップのことば」は世代を超えた多数の国内ラッパーたちの言葉を1冊にまとめたもの。書籍内ではそれぞれのアーティストが自身のラップに対するこだわりやヒップホップとの出会いなどを語っている。2010年に発表された1作目では、日本のヒップホップシーン黎明期を支えたベテランから新鋭まで幅広いラッパーによる多彩なエピソードをつづった内容が話題となった。

今作にはAKLO泉まくら、VERBAL、OMSBSIMI LAB)、GAKU-MCKREVAKEN THE 390SALUSHINGO★西成、SKY-HI、環ROY、daoko、NORIKIYO、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、MACCHO(OZROSAURUS)が参加。スタイルやバックグラウンドの違う15人がどんな内容を“証言”しているのか、発売を楽しみに待とう。

音楽ナタリーをフォロー