映画ナタリー

町山智浩による「ブレードランナー 2049」レビュー到着

666

映画評論家・町山智浩による「ブレードランナー 2049」の日本最速レビューが到着した。

ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンを取った本作は、リドリー・スコットの監督作「ブレードランナー」から30年後の世界を舞台にしたSFアクション。町山は、前作「ブレードランナー」や同作の原作小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」、撮影監督ロジャー・ディーキンスなどに触れながら映画を解説している。

「ブレードランナー 2049」は10月27日より全国ロードショー。

※同レビューでストーリーの重要なポイントを明らかにすることは避けられていますが、ネタバレだと感じる可能性もありますので、読者の皆様の責任でお読みください。

町山智浩「ブレードランナー 2049」レビュー

「ブレードランナー 2049」は「ブレードランナー」(1982年)と同じく、眼の超クロースアップで始まる。しかし、そこに映る風景は違う。炎を噴き上げるロングビーチの油田ではなく、ソーラーパネルの発電システムだ。

雨に煙る街角、アジアの言語が入り乱れるネオン……リドリー・スコット監督がメビウスのコミックを基に作り上げた2019年のロサンジェルスの風景は映画に革命を起こした。しかし、その後35年間にさんざんコピーされ、使い古され、今ではもう「見飽きた未来」になってしまった。「ゴースト・イン・ザ・シェル」がそうだったように。

この難関に挑んだドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「ブレードランナー 2049」は、前作を乗り越えて新しい景色を切り拓いた。2017年現在からシミュレートした2049年のロサンジェルスは、地球温暖化で水位が上がり、海岸部は水没し、激しい雷雨が襲い、降るはずのない雪が降りしきる。それと逆に内陸地は砂漠化している。

すべてのシーンでロジャー・ディーキンスの撮影は絵画のように美しい。砂に埋もれたラスベガスはディーキンスが撮った「007 スカイフォール」のスコットランドを思い出させる。どちらも、タッチの引用元としてターナーの絵が映る。

とはいえ「ブレードランナー 2049」は「ブレードランナー」のファンが待ち望んできたものを見せてくれる。すなわち、ブレードランナーのデッカード(ハリソン・フォード)とレプリカントのレイチェル(ショーン・ヤング)のその後はどうなったのかを。レイチェルとは旧約聖書でヤコブの子を産んで死んだラケルの英語読みだが、それが繋がってくるとは……。35年前にレイチェルの美しさに息を呑んだ者の胸を締め付けるシーンもある。

前作で二人を見逃した警察官ガフ(エドワード・ジェームズ・オルモス)も登場。得意のオリガミで羊を折ってみせる。もちろん「ブレードランナー」の原作、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」へのレファレンスだ。

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の主人公は、ハリソン・フォードのようにハードボイルドじゃない、生活に押しつぶされたしょぼくれた男だ。フィリップ・K・ディックの小説の大概の主人公はそうだ。「ブレードランナー 2049」の主人公、K(ライアン・ゴズリング)もそうだ。Kはしがないブレードランナー。上司(ロビン・ライト)にヘーコラしながら、逃亡したレプリカントを狩る汚れ仕事をこなし、さびしい独り暮らしのアパートに帰る。

そんなKを慰めるのはAIの美少女ジョイちゃん(アナ・デ・アルマス)。これがもう日本の萌えアニメを立体化したような可愛さと健気さ。とことんKを愛し、尽くしまくる。そのようにプログラムされているわけだが、たとえ作られたものでも心は心。だが、ジョイはホログラフィなので肉体がない。彼女がKと結ばれるためにする「行為」は身悶えするほど切ない。

前作では、心が無いはずのレプリカントに心が芽生えていたが、2049年のレプリカントには心が標準装備されている。レプリカント製造をタイレル社から引き継いだニアンダー・ウォレス(ジャレッド・レト)は、レプリカントを「天使」と呼ぶ。彼は神になりたいのだ。その残酷な神に仕える、いわば殺戮の天使がレプリカントのラヴ(シルヴィア・フークス)。ラヴ(Luv)は愛(Love)と発音が同じ。ウォレスへの報われない愛を嘆くように涙を一筋流してから、怪力で人体を破壊するラヴは最強の敵としてKに迫る。

Kもまた報われない愛、生まれてきた意味に悩み苦しむ。それはKだけの苦悩ではないはずだ。前作で堕天使ロイ・バッティ(ルトガー・ハウアー)が雨に打たれて迎えた最期に涙した人なら、この「ブレードランナー 2049」に号泣せずにいられないだろう。

映画ナタリーをフォロー