映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ハリソン・フォードが明かす、「ブレードランナー」新作出演のきっかけは1本の電話

53

「ブレードランナー 2049」ジャパンプレミアの様子。

「ブレードランナー 2049」ジャパンプレミアの様子。

本日10月24日、「ブレードランナー 2049」のジャパンプレミアが東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストのハリソン・フォードアナ・デ・アルマスシルヴィア・フークス、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが出席した。

危険なレプリカント(人造人間)を取り締まる捜査官“ブレードランナー”のリック・デッカードをフォードが演じた「ブレードランナー」から30年後の世界を舞台とする本作。ライアン・ゴズリングが新たなブレードランナー・Kを演じ、フォードが再びデッカード役を務めた。

続編の製作を聞いたときのことを、フォードは「リドリー・スコットから『デッカードをもう一度演じる気はある?』と電話が来てとても驚いた。彼はあまり電話をかけない人だからね(笑)」とジョークを交えながら振り返る。そして「まずは原作者が書いた短編を読み、そのあとにシナリオが届いた。シナリオは熱く燃えるくらい素晴らしい出来だったし、Kとデッカードの関係性が面白く、観客の心を震わせるような絆もよく描かれているので、やろうと決心したんだ」と続けた。

ヴィルヌーヴは「この映画の監督を引き受けて、最初にライアンから言われたのは『新宿には行ったことがあるか?』ということ。何度も行っております(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメントし、「第1作は日本の文化の影響が顕著に出ていました。私も今作でできるだけそれを受け継いだので、きっと全編を通して日本の影響が感じられると思います。広告や看板に日本的なものがたくさんあるのでぜひ注目してください」と観客に呼びかける。

続いて、「役を得た翌日からトレーナーが付き、週6日間、1日6時間のトレーニングが始まりました」と撮影の準備期間を振り返ったのは、ラヴ役のフークス。彼女は「痛みも感じましたが、そのおかげで変身することができ、ファイトシーンはうまく演じられました」と懐かしむ。またKを支える女性・ジョイ役を務めたデ・アルマスは「どうやって演じていいか見当がつかなかったのですが、監督やライアンといろんな話をしてキャラクターを作り上げました。彼女が象徴しているものと彼女の気持ちは正反対だったので、その複雑さをいかに表現するか。集中力が必要でしたが楽しんで演じました!」とにこやかに語った。

そして最後に、フォードが「ストーリーがとても練られていて、複雑でユニークな世界が描かれている作品。スペシャルで厚みがある、素晴らしい映画に参加できたことをうれしく思う」と観客にメッセージを送る。そして通訳の戸田奈津子がコメントを訳し終えたあと、フォードは「そういうことを言いたかったんだ!」と付け加えて会場の爆笑をさらった。

「ブレードランナー 2049」は10月27日より東京・丸の内ピカデリーほか全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー